失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

付属品のないロレックス116234型の高価買取

2019年9月12日

須賀質店渋谷営業所にて、ロレックスのデイトジャスト116234型を520,000円で買取致しました。

 

今回買取した時計は、文字盤のインデックスと呼ばれる部分にダイヤモンドが埋め込まれた高価なモデルのものでした。

 

今回買取したロレックスは、付属品が無く、時計単体で買取しました。

 

須賀質店の査定員はロレックスの型番を特定するために充分な訓練を受けています

 

ロレックスの時計の買取金額を考えるにあたって、まずはお持ち頂いた時計の型番を特定させる必要があります。

 

ロレックスの特にデイトジャストは、1945年に発表されたモデルであり、現代までに何度もモデルチェンジを重ねてきた人気モデルです。

 

そのため、同じロレックスでも型番は多くあり、買取金額も同じように変化します。

 

ロレックスの時計の型番は、ブレスの付け根部分に刻印されているため、ブレスを外さない限り型番を確認できません。

 

時計の本体以外に、保証書と呼ばれるロレックスが発行している品物の品質を保証する書式に型番が記載されています。

 

しかし、冒頭でもお話したとおり今回持ち込まれたデイトジャストには付属品がありませんでした。

 

このように、須賀質店に持ち込まれるロレックスの中には保証書がない状態でお持ちいただくことも少なくありません。

 

保証書がないと、ブレスを外して確認するのではと思う方が多くいると思います。

 

質屋や買取店の中には、お客様の前でブレスを外して時計の型番を確認するお店もあるようです。

 

しかし、須賀質店の査定員はロレックスの時計についてそれぞれの型番にある微妙な違いについて判別できるよう訓練を受けているためブレスを外さなくとも型番を特定することが可能です。

 

今回お持ち頂いたロレックス116234型は2016年に製造が終了した旧モデルであり、現在では126234型が現行モデルとして製造されています。

 

このふたつのモデルはとても酷似していますが、細かい部分が少し異なっています。

 

一番大きな違いはリューズを回す方向に違いがあります。

 

旧モデルである116234型は日付と時刻を調節する際は時計回りにリューズを動かすと進みます。

 

しかし、現行モデルの126234型は日付と時刻を調整する際の方向が異なっており、時刻を調整する際は反時計回り、日付は時計回りに動かすと進みます。

 

ロレックスのデイトジャスト116234型と126234型の確認方法は他にもありますが、今回は代表的なポイントを紹介いたしました。

 

上記のような、ロレックスの現行モデルと旧型モデルの違いを把握していないと、現行モデルの品物でありながら旧型モデルの査定金額を付けてしまう可能性など、本来お付けできる金額よりも安い金額を付けてしまい、お客様に損をさせてしまうことを防ぐため、須賀質店ではロレックスの型番の把握は徹底されています。

 

そして、先程ロレックスの型番を確認するためにブレスを確認するお店もあるとお話しましたが、ブレスを外すには専用の器具を使用しても時計本体にキズを与えてしまう可能性があるのです。

 

当たり前のことではありますが、須賀質店ではお客様のお品物にキズを付けないように最新の注意を払っているため、店頭で時計のブレスを外すことはありません。

 

他の買取店で、保証書が無いから断られてしまった、ブレスを外されたくないと考えている方はぜひ須賀質店をご利用下さい。

 

今回買取したロレックス116234型の買取金額について

 

今回買取しましたロレックスデイトジャスト 116234型は箱や保証書などの付属品がない状態でお持ちいただきました。

 

ロレックスというブランドの特徴の1つでもありますが、中古品市場において、ロレックスの保証書は時計と合わせてお持ちいただくと買取金額が上る可能性が大きいです。

 

モデルによって上がる金額に違いはありますが、今回買取しました116234型の場合ですと、保証書も一緒に持ち込まれた場合は650,000円前後になっていたと思われます。

 

このように、時計のブランドによっては付属品が買取金額を上げる可能性も充分にあります。特にロレックスを手放そうと考えている方は、保証書など付属品もあわせてお持ちいただくことをお勧めいたします。

 

今回買取しました116234型は、付属品はなかったものの、インデックスにダイヤモンドが埋め込まれたモデルであり、動作不良や大きなキズ等もなかったため520,000円で買取することができました

 

須賀質店はロレックス デイトジャストの質預かりにも力を入れています

 

須賀質店は買取も行っていますが、質屋であるため、買取店にはできない「質預かり」についてお話します。

 

質預かりとは、お品物を担保にお金をご融資することを指します。お預かりしたお品物は、元金(借りたお金)とお利息をお支払い頂ければ、お返し致します。また、期間内にお持ち帰りのご予定がない場合は、お利息のみを後払いでお支払い頂ければ何回でも期間を延長することが出来ます。

 

買取と異なる大きなポイントは受け取る金額です。

 

買取の場合は、査定時の買取相場で金額をお付けするため買取金額をギリギリまでお付けすることが可能です。

 

対して、質預かりの場合は一時的にお品物をお預かりするため、保管中に相場の変動を考慮して買取金額より少しだけ低い金額をお付けします。

 

買取金額よりも少し低いものの、質入れの最大のメリットはお品物を手放さなくて良い事にあります。

 

お客様の思い出の詰まったお品物をいきなり売るとなると、迷ってしまう方は多くいらっしゃると思います。そんな時には一度質預かりをされることをお勧め致します。

 

ここまで質預かりのお話をしてきましたが、ロレックスのデイトジャストであれば質預かりの金額も高額を期待することが出来ます。

 

ロレックスは時計ブランドとしてとても人気を集めているため、中古品市場において、他のブランドに比べて相場の変動が少ないことが特徴です。

 

そのため、他のブランドの時計と異なり、相場の変動を大きく考慮する必要がないため、買取金額にかなり近い金額をお付けすることが可能です。

 

質預かりの場合でもロレックスに高額をお付けできるのは、常にブランドなどの相場を確認し、そのブランドの特徴を理解している須賀質店だからこそできることです。

 

デイトジャストのみならず、ロレックスの時計を手放そうか迷っている方は質預かりをお勧めします。

 

ただいま新規の質入れのお客様にはお得なキャンペーンもご用意しているためこの機会にぜひご利用下さい。

 

この記事の執筆者:KY