失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックス エアキング14000型を高額で売却するには

2019年11月19日

須賀質店五反田本店にて、ロレックスのエアキング14000型を買取しました。

 

今回買取しましたエアキング14000型は、1990年頃から2000年頃まで製造されたモデルであり、現在では製造終了したモデルでした。

 

そして今回買取しました、ロレックスのエアキングは保証書や箱といった付属品がなく、全体的に細かなキズがありました。

 

今回は、ロレックスを手放そうと考えている方へ、知っていると得するお得なコツをお伝えいします。

ロレックス エアキング 売却

 

ロレックスエアキング14000型を高額で売却するコツ

 

①保証書や予備のコマなど付属品は忘れずに

 

ロレックスの時計を新品で購入されると、箱や保証書、予備のコマといった付属品があります。

 

保証書とは、いつ、誰が、どこのお店で購入したか、そして時計の型番と、シリアルナンバーなども記載された書式を指します。

 

ロレックスのみならず、様々なブランドの時計にも保証書は購入時に付属品として含まれています。

 

しかし、ロレックスの保証書は他の時計ブランドと異なり、時計と合わせてお持ちいただくと、買取金額がさらにアップする傾向にあります。

 

ロレックスの時計は保証書をお持ちいただくと、買取金額は上がる傾向にあるのですがり、その上昇率、買取価格が上がる割合はモデルによって大きく変わります。

 

今回買取しましたエアキング14000型ですと保証書の有無によって変わる買取金額の差は50,000円前後になると思われます。

 

保証書がある場合とない場合で、50000円もの買取価格に差が付くのであれば、ロレックスエアキングの買取を考えた時に保証書が見当たらない場合には、部屋の隅々や家のクローゼットの上下まで、ロレックスの保証書を見つけようと思いませんか?

 

他のモデル、サブマリーナやGMTマスターⅡ、デイトナといったスポーツモデルの時計の場合は、買取金額がエアキング14000型よりも大きく上がることがあります。

 

次に、今回買取しました時計のように、ブレスのタイプのものはコマを増やしたり、減らしたりすることでサイズを変更することが可能です。

 

ロレックスの時計を購入された際には予備のコマも付属品として含まれます。

 

ロレックスの時計を買取店にお持ちいただく際には、予備またはサイズを調整した際に減らしたコマもご持参されることをお勧めします。

 

ロレックスの時計は、国内外からとても高い人気を持っている時計ブランドであり、中古品市場でも高額が付きやすいものです。

 

そのため中古品でもロレックスの時計を購入したという方はとても多くいます。

 

購入したいと思った時計があったとしても、ブレスのコマが不足していたために、腕のサイズと合わず、他の同モデルの時計よりも金額が下がってしまう傾向にあります。

 

そのため、ロレックスの時計を手放そうと考えている方は外したコマや予備のコマも忘れずにお持ち下さい。

 

特に、レディースサイズの時計はサイズの調整によりコマを外し、コマが少ない状態でお持ちになられることが多いです。

 

コマが不足した状態だと、本来お付けできる金額よりも下がってしまう可能性もありますのでご注意下さい。

 

②買取店へ持ち込む前に動作の確認

 

ロレックスのみならず、時計の査定を行う際に査定員は時計のリューズを回したりして正常に動くか確認を行います。

 

万が一、動作の確認の際に問題があった場合は、動作不良と判断し、買取金額は修理金額を差し引いた金額となります。

 

ロレックスの時計で代表的な動作不良の例は、「日付が12時丁度に変わらない」ことです。

 

ロレックスの時計は12時丁度にカレンダーの日付が変わる「デイトジャスト機能」を備えた時計です。

 

現在でこそ、12時なるとカレンダーの日付が瞬時に変わるということは当たり前に思えると思いますが、デイトジャスト機能は、ロレックスが1950年頃に発明したものであり、その頃の腕時計は針が12時に近づくにつれて日付が変わる仕組みだったものに対し、ロレックスは針が12時を指した瞬間に瞬時に日付が変わるという革新的な仕組みを作り上げました。

 

そのため、ロレックスの時計で12時丁度に日付が変わらないものは、動作不良である可能性が高いです。

 

査定員がこれまで見た症状を紹介すると、12時ではなく、2時や3時になるとカレンダーの日付が変わるという不良を良く見かけます。

 

時計に不良が見られた場合は、査定員は時計の修理代金を想定し、買取金額からそれを指しいひいた金額を提示します。

 

そのため、ロレックスの時計を買取に出そうと考えている方は、一度リューズを回して操作をされることをお勧めします。

 

しかし、時計の動作に不良があったからと言ってすぐに修理店へ持っていかない方が良いこともあります。

 

須賀質店であれば、他の買取店よりも、お客様がご自身で修理店にお持ちになるよりも修理費用を安くすることが可能です。

 

須賀質店は時計の修理業者と提携しており、他のお店よりもリーズナブルな金額で修理をすることが可能です。

 

そのため、動作に不良がある時計であっても、修理金額を抑え、買取金額を他よりも高くご提示することが可能です。

 

ロレックス エアキング14000型の買取金額について

 

今回買取しました、ロレックスのエアキング14000型は保証書などの付属品がない状態で時計単体でお持ちいただきました。

 

保証書がなかったため、より高額な金額はお付けできなかったものの、コマに不足はなく、動作にも問題がなかったため、須賀質店五反田本店にて200,000円で買取しました。

 

今回買取しましたエアキング14000型は全体的に細かなキズが多く見られたものの、買取金額は下げることなく200,000円お付けすることができました。

 

時計を普段使用していると、気づかぬ内に細かなキズを多く作ってしまうと思いますが、査定の際には細かなキズ程度であれば買取金額を下げることはありません。

 

査定員は今回買取した時計の素材がステンレス製であったため、細かなキズ程度であれば、特殊な器具で研磨を施せばキズは目立たなくなることを熟知していたため、買取金額を下げることなく200,000円で買取できました。

 

須賀質店はロレックスの買取に力を入れています

 

 

今回買取しましたエアキング14000型のみならず須賀質店はロレックスの買取に力を入れています。

 

高額な限定モデルから、アンティークと呼ばれるような年代物のモデルまで幅広い買取実績のある須賀質店は、廃盤モデルやレアモデル問わず高額な買取金額をご提示します。

 

他の買取店で査定をしてもらったあとにぜひ須賀質店をご利用してみて下さい。

 

お客様が考えている以上に、買取金額に大きな差があるかもしれません。

 

ロレックスの売却の際にはぜひ須賀質店をご利用下さい。

 

ロレックスの買取相場←はこちら

【現行モデル】ロレックス 116900型の買取事例←はこちら

【解説】ロレックスの買取金額が高額になる理由←はこちら

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。