失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックス サブマリーナ 16613型の時計の買取

2017年8月31日

さぶ須賀質店五反田本店でロレックスのサブマリーナ16613型の時計を買取しました。

ロレックスのスポーツタイプの時計は、海外で人気があり日本で不要になった中古のロレックスが多く輸出されています。

ロックスの買取価格が上がる円安が続いていますので、ロレックスの高価買取をご希望でしたら須賀質店へお持ちください。

 

サブマリーナの歴史

 

サブマリーナはロレックスのダイバーウォッチシリーズで、1950年から続く大ヒット商品です。

発売当初のモデル6204型は、100mの防水と潜水時間を計測するために回転ベゼルが取り付けられています。

その後、何度も改良を重ね、1960年半ばには日付確認ができるデイト機能付きの1680型が発表され、20年後の1980年代には、300m防水と潜水中の計測ミスが出ないように逆回転防止ベゼルが取り付き、現在と変わらないサブマリーナになってきました。

 

16613型のサブマリーナ

 

須賀質店五反田本店で買取したサブマリーナは16613型のステンレススチールとイエローゴールドがコンビになった時計です。

青色ベゼルの青サブの愛称で有名な時計ですが、買取したのは黒色ベゼルの時計です。青か黒か色によってサブマリーナでは、大きな買取価格差はございませんが、同じ型番でも細かいマイナーチェンジにより仕様が変わり、新旧のモデルで買取価格が変わります。

 

新型と旧型の違い

 

買取したサブマリーナをリューズ側から見た時に上下に小さな穴があるケースは旧型になります。現行モデルは外から小さな穴が見えないようになっており、穴あり穴なしの新旧の価格差は2-3万程度になることが多いです。

又、ブレスレットのバックル部分がステンレススチール素材になっているため古いタイプのブレスレットになり、新しいブレスレットはイエローゴールドが使われています。

 

よく持ち込まれる時計の状態

 

買取した時計は一番古いタイプのサブマリーナで、時計の状態もあまり良いものではなかったです。ダイバーウォッチのため海で使われる方が多いため、傷が多くついてしまうのと汚れがつまりベゼルが回らなくなることがあります。

海やプールで使われた場合は真水で汚れをよく落とし乾かすことをおすすめします。錆びにくいステンレス素材ですが、水がブレスなどの隙間に残っていると錆びて故障の原因になりますのでご注意ください。

状態はあまり良くありませんでしたが、50万円の高額査定で時計買取致しました。保証書があれば3-4万程度は金額を上乗せすることができたのですが、お持ちにならなかったのが残念です。

 

サブマリーナを買取ご希望のお客様へ

 

須賀質店では不要になったロレックスの高級時計買取をしています。

店舗は都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田にあり、すべての店舗は駅から近くて徒歩圏の建物の中で営業しています。須賀質店は創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋でして、長い歴史の中で全国の時計市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。

ロレックスのサブマリーナの高価買取をご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

 

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のロレックス相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス