失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックス デイトナ 16520型の時計を買取

2017年9月18日

 

74783747

 須賀質店渋谷営業所でロレックスの時計を買取りました。こちらの時計はデイトナというモデルで、型番は16520型の旧型モデルになります。デイトナはロレックスのモデルの中で定番となり、確固たる地位を築きました。今やロレックスと言えばデイトナと言われるほどブランドの顔となり、ロレックスファンが一つは持ちたいと思うシリーズになりました。

 

 デイトナを始めロレックスのスポーツモデルは、中古相場が定価額を上回っているという現状です。そのため定価で売っているロレックスのスポーツモデルを買った場合、新品のまま売れば利益が出ます。当然定価で買うことは困難でありますが、ロレックスの時計を貴金属のように財産として所有する人もいます。買った時の相場から10年経過すれば2倍になっているモデルも存在するロレックスをお持ちの方は、一度須賀質店で相場を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

デイトナの文字盤の色も査定金額に影響するが・・・

 

 デイトナの現行モデルが116520型であった当時、白色文字盤よりも黒色文字盤の方が買取相場が高かったです。しかし2017年時点で現行モデルである116500型が発売されてから、白色文字盤の方が買取相場が高くなりました。その理由として、時計のベゼルに使われている黒色セラミックとのコントラストが白色文字盤のほうが合うからだそうです。

 

ロレックスの廃盤モデルは現在相場高騰中です

 

 通常ブランド時計は、廃盤モデルよりも現行モデルの方が買取相場が高くなることの方が多いです。ですが2017年現在、ロレックスのみ廃盤の旧型モデルの買取相場が急激に上昇しています。特にロレックスのモデルの中で一番人気のデイトナや、日本人が特に好むサブマリーナ、欧米人が好むGMTマスターは相場が急騰しています。

 

16520型にはプレミアが存在

 

 デイトナの16520型の最終年に製造されたシリアルはP番で、現在プレミア価格が付けられています。またP番のみだけでなく、その前年に製造されたA番にもP番ほどではないですがプレミア価格がついています。P番の中古販売相場は実に400万円を超す店舗もあります(2017年9月時点)。2012年当時と比べると約2倍になっていることが分かります。

 

今回の買取金額

 

 今回買取りましたロレックスのデイトナ16520型の時計は、シリアルの頭がU番で160万円査定となりました。付属品が箱と保証書が付属しているとても良い条件での査定でした。ロレックスの時計は基本的にスポーツモデルの場合10万円~15万円ほど、大きい物で25万円前後買取相場が保証書の有無で変わってきます。ロレックスの保証書をお持ちの方は、必ずお持ちください。

 

 ブランド品(時計、バッグ、ジュエリー等)と貴金属の地金相場は、大抵1、2週間程度、早くても次の日には変わります。須賀質店では独自の相場検索システムを経験豊富なスタッフが駆使し、その日の最も高値の買取査定金額を提示させていただきますので、ぜひ須賀質店にお越しください。お客様の大切な商品を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。

 

 

 

 

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のロレックス相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス