失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックス エアキング 114200型の時計を買取

2017年9月22日

114200

須賀質店五反田本店で、ロレックス、エアキング、114200型の時計を買取いたしました。お持ちいただいたのは時計の本体のみで、保証書等の付属品はありませんでした。ロレックスは、保証書やギャランティカードの有無によって買取査定の価格に違いがありますので、お持ちいただく前に保証書等がないか探してみてください。

 

エアキングの歴史

 

ロレックスの中でもエアキングは特徴のあるモデルで、まさにシンプルという言葉が当てはまる、長針、短針、秒針という時計本来の機能のみモデルです。さらに機能を限定することで他のモデルを凌ぐコストパフォーマンスで人気のモデルです。

 

エアキングが登場したのは1940年代で、当時は5500という型番で、同時期に販売されていたエクスプローラーにも同一の型番のモデルが存在しています。また、のちにエアキングデイトという時計が5700という型番で発売されましたが生産期間の短いモデルで、現在まで出ているエアキングの中では唯一の日付表示付きのモデルです。

 

1990年代には28,800振動のハイビートに変更された、14000型のエアキングが登場します。その後デザイン上の大きな変更点が無く内部の機械を進化させた14000Mが登場します。この頃のエアキングにはベゼルの形状の違いで14010型というモデルも出ています。

 

2007年に今回買取をしたエアキングと同型の114200型登場します。この型番の時計は現行モデルとして2017年現在残っていますが、2014年にマイナーチェンジされた際にエアキングという文字が文字盤からなくなりエアキングの歴史は一度幕を閉じました。

 

しかし、2016年に新作として発表された116900型という新しい時計にエアキングの文字が復活し現在まで残っています。これまでのエアキングからは一新された新しいデザインのエアキングとなっています。

 

114200型の買取

 

お持ち頂いたエアキング、114200型の説明をいたします。お持ち頂いたのは時計本体のみで付属品の無い状態でした。保証書等が無い場合は真贋という観点からお取引をお断りする場合があるという事を、他の業者さんの話で聞くことがありますが、須賀質店では、どんな品物でも本体さえお持ち頂ければ買取が可能です。

 

いくつかある文字盤のデザインの中でもシンプルな物で、シルバーの地に3、6、9とバーのインデックスの文字盤です。ロレックスには文字盤によって買取査定が違うモデルもありますが114200型は文字盤の違いによる差はありません。

 

付属品こそ無い状態の買取となりましたが、時計本体の状態は良好で、目立つキズや、機能不全等のマイナスポイントは見受けられませんでした。

須賀質店五反田本店で、240,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。そのため、須賀質店なら他店で断られた品物でも買取る事ができるかも知れません。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のロレックス相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス