失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックス デイトナ 16520型の時計を買取

2018年1月19日

Exif_JPEG_PICTURE 須賀質店渋谷営業所でロレックスの時計を買い取りました。こちらの時計はロレックスの頂点といえるでしょうデイトナシリーズの旧型、16520型です。デイトナシリーズはロレックスで唯一のクロノグラフ機能と、ベゼルにはタキメーターのデザインがあることから唯一無二の存在感、そして人気を誇っています。

 

 デイトナは現行モデルの116500型も発売され、旧型モデルの相場は下がってしまっているとお考えの皆さんもいらっしゃるでしょう。しかし旧型モデル16520型、116520型は侮れないほど買い取り相場が高騰しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

デイトナ16520型のプレミア性の変化

 

Exif_JPEG_PICTURE 現在デイトナ16520型の買い取り金額は200万円から300万円以上となっています。その次のモデル116520型が150万円前後、116500型が200万円前後のため、現状旧型の16520 型が最も買い取り相場が高いです。

 

 またなぜ16520型の買い取り金額に100万円以上の開きがあるのかというと、その時計が製造された年によってプレミア価格が付くものがあるからです。その製造年はシリアルから判別でき最も高値が付く年代は2000年のP番と呼ばれるものです。P番の16520型ですと、買い取り金額は実に320万円前後になります。

 

 単純に生産された最後の年や、生産数が少ないとプレミア価格が付きますが現在P番の前の1999年製にあたるA番の買い取り金額も押し出される形で高騰しています。

 

 今回買い取りました16520型もA番だったため、高額査定となりました。お客様の中で古いロレックスや使っていないロレックスがありましたら、ぜひ須賀質店にお持ちください。思わぬプレミア価格が付くかもしれません。

 

文字盤による価格差

 

 2016年から2017年の初頭までは、旧型のデイトナの買い取り相場は白色文字盤よりも黒色文字盤の方が5万円から10万円程度高かったです。

 

 しかし現在は文字盤の色の違いで相場がほとんど変わらなく、若干白色文字盤の方が高いと感じる程度です。

 

 そのため以前は定価が同じであれば、高く売ることが出来る黒色文字盤を選ぶ方が多かったです。しかしこれからデイトナの購入を検討される方は、ご自身の好きなカラーを選んで買うことが容易になったと思います。

 

今回の買い取り金額

 

Exif_JPEG_PICTURE 今回買い取りましたロレックスのデイトナ16520型A番の時計は、260万円査定となりました。ロレックス純正の箱と正規の保証書が付属している好条件でのお取り引きとなりました。また時計の状態も1、2回使用したのみで傷が一切ついていない美品だったため高額査定となりました。

 

今回のデイトナ16520型には保証書が付属していましたが、須賀質店ではギャランティーカードや保証書がなくても買い取りを受け付けています。しかし時計のモデルによってはギャランティーカードの有無で相場が大きく変わる場合もあります。特にロレックスはモデルによって、大きくて50万円弱変わる商品もあります。そのため査定の際には時計と一緒にお持ちいただくとより高額査定となります。

 

 須賀質店では買い取りのみだけではなく、質預かりもしています。お客様がお持ちのお品物を売ってしまうのか悩んでいらっしゃる場合は、質預かりも検討してみてはいかがでしょうか。もし質預かりのご契約後に買い取りに変えたいと思った場合でも、簡単なお手続きで変更可能ですので、一度お問い合わせをお願いいたします。

 

 ブランド品(時計、バッグ、ジュエリー等)と貴金属の地金相場は、大抵1、2週間程度、早くても次の日には変わります。須賀質店では独自の相場検索システムを経験豊富なスタッフが駆使し、その日の最も高値の買い取り査定金額を提示させていただきますので、ぜひ須賀質店にお越しください。お客様の大切な商品を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のロレックス相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス