失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックスエアキングシルバー文字盤114200型を買取

2018年11月6日

須賀質店池袋営業所でロレックスの時計を32万円で買い取りました。こちらの時計はロレックスのエアキングというシリーズの時計になります。

ロレックス114200の買取

 

エアキング114200型について須賀質店が解説します

 

 

ロレックスの中で現存する最古のペットネームとして知られている「エアキング」はファーストロレックスとして人気の高い1本です。2014年には発売中止となり惜しまれていましたが、新型エアキングが2016年にフルリニューアルされ発売されました。

 

114200型も含めて、エアキングはロレックスの中では比較的購入しやすい価格帯で提供されてきたため、ロレックスの入門機としても広く愛されてきました。2016年のフルリニューアルにより、ケースサイズ、文字盤デザインが一新され、高級感がましたエアキング。その分販売価格も高騰しましたが、現行品のロレックスの中では比較的手に入れやすいモデルになっています。

 

114200型はケースサイズは34mmで、デカ厚ブームも経験した現在のメンズサイズからするとやや小ぶりな印象です。しかし欧米人に比べると小柄な日本人男性には品よく収まるサイズ感であり、特にスーツスタイルの場合は時計がワイシャツの袖口にスッと納まり上品な印象を与えます。ドレスウォッチはレザーベルトと言われている中ではありますが、高温多湿な日本では年中重宝されるブレスレットタイプでオールマイティーな存在と言えます。

 

しかも114200型などのエアキングは女性にも人気があるモデルなのです。今回のお品物をお持ちになった方も実は女性のお客様です。レディースサイズと比べるとやや大振りな分類になりますが、昨今はメンズサイズの腕時計をお召しになる女性も増えてきており、いわゆるユニセックスサイズの114200型は違和感なく女性の方でも着けこなすことができます。

 

更にダイヤル(文字盤)のカラーバリエーションが豊富な点も見逃せません。よく「ロレックスは大勢の方が所有しているので被ってしまうから買おうか迷っている」と言う方がいらっしゃいますが、カラーバリエーションが豊富なモデルではその心配も少なくなります。

114200のバリエーション

 

今回のロレックスエアキングシルバー文字盤114200型査定額とポイントについて

 

 

今回買い取りしたエアキング114200型は、ロレックス純正の箱や保証書などの付属品があり、状態も大変綺麗でしたので買取32万円査定となりました。これはロレックスの中古相場が高騰している状況考慮しての高額査定です。

 

腕時計査定時のポイントは、①正常に動くか(壊れていないか)②外装の状態(大きなキズや凹みの有無)の2点です。

 

先ずは時計が正常に動くか→精度の測定やカレンダーなど各機能の動作確認を行います。

 

次に外装の状態→小傷であれば研磨して目立たなくできますが、大きな凹みや深いキズは研磨では解消されないのでマイナス査定となります。更にブレスレットが着用によって伸びていないか、回転ベゼル等を搭載しているモデルは正常に動くかなどを確認します。

エアキングの買取査定額

 

更にロレックスの場合、保証書の有無によって査定額が変わる事が多いので査定時には忘れずにお持ち下さい。

 

 

ロレックス(取扱い品目一覧) ←はこちら

買取できないかも知れないロレックス←こちら

ロレックスは故障していても買取可能か?←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事