失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

コーチの小銭入れを買取

2019年1月11日

須賀質店五反田本店でコーチの小銭入れを1千円で買い取りました。こちらのお品物はシグネチャー柄のコーチらしいお品物です。

コーチの小銭入れを買取

 

コーチとシグネチャについて須賀質店が解説します

 

コーチは1941年にアメリカのニューヨークで皮革工房として創業しました。現在では女性の方がコーチのアイテムを使用しているイメージが強いですが、創業当時はクラシカルスタイルで男性をターゲットにしたラインナップでした。

 

90年代にアクセシブル・ラグジュアリー=手の届く高級品の考えのもとにブランドイメージの転換を図り、現在では女性を中心に若年層から幅広い支持を集めるブランドとなりました。

 

そんなコーチの代名詞ともいえる代表ラインの「シグネチャー」。2001年に誕生したのでブランドの歴史から見れば、まだまだ新しいラインです。しかし、このブランドのイニシャルである「C」をモノグラムとしてあしらった「シグネチャー」は、既に日本を含め世界中の人々の心をつかみ、ブランドの代表ラインに成長しました。

 

シグネチャー柄のアイテムはコーチのアイコン的存在なので人気が高いです。今回買取した小銭入れはキーリングがついているので、キーケースとして仕様する事もできるアイテムです。

 

キャッシュレス決済が広がりをみせスマート財布が注目されていることもあり、この様な小さめのケースに数枚の紙幣、クレジットカード、自宅の鍵を一纏めにすれば、大きなバッグを持たないで身軽に外出する事も可能です。

内部の状態を確認

 

今回の買取金額

 

 

 

今回買取したコインケースは、使用感はほぼ無く状態はとても綺麗なお品物でした。コーチは中古市場でも人気のあるブランドの一つですが、コインケースは中古品となるとお値段がつかない場合もございます。しかし状態がとても綺麗で、せっかく須賀質店まで足を運んで下さったお客様の為になんとかお値段をつけたいという査定員の想いもあり、1千円での買取となりました。

 

 

今回の様に須賀質店では精一杯査定させていただきます。時にはお値段をお付けする事が難しいお品物もありご希望に沿うことができない事もあります。ご来店前に「お値段がつくお品物なのか?」「使用感が大きく買い取っておらえるのか?」など少しでも気になる点がございましたらお気軽に須賀質店にお問い合わせ下さい。

コーチの小銭入れの買取価格

 

コーチの小銭入れ買取についてのまとめ

 

 

今回の記事ではコーチの小銭入れ買取について解説しました。コーチは新品でも買いやすい価格帯である点や、小銭入れの中古市場での人気状況などを考慮するとお客様が思っていたほどの買取金額ではなかったようです。

 

しかし須賀質店の査定員も何とか買取金額をおつけしたいという想いから1,000円の査定額を提示させていただき、買取でのお取引となりました。

 

今後日本でもキャッシュレス文化が浸透し、少量の紙幣とクレジットカード等の持ち歩きが主流になるかも知れませんが、そういった状況になると小銭入れの需要がまた変わるかもしれません。

 

今回のコーチの小銭入れの様に、カードが収納できる小銭入れであれば紙幣・カード・小銭とオールインワンで完結してスマートに持ち運ぶことが出来るでしょう。時代の流れによって中古市場のでの人気も変わる可能性がある点がこの業界の面白さでもあります。

コーチのバッグ買取事例←こちら

コーチの財布買取事例←こちら

財布・小物(取扱い品目)←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事