失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金テニスブレスレットを買取

2019年1月22日

須賀質店五反田本店でノンブランドのブレスレットを3万円で買い取りました。こちらのお品物は18金のホワイトゴールド製で、合計3ctダイヤモンドが全周にセッティングされた存在感のある華やかなお品物となります。

18金テニスブレスレットの買取

 

テニスブレスレット(ネックレス)とお手入れについて須賀質店が解説します

 

 

今回買取した18金テニスブレスレットはブレスレット全周にダイヤモンドがセッティングされたデザインです。日本では1990年代にブームが来て以来定番のデザインとして受け入れられました。

 

なぜテニスブレスレットと呼ばれているかと言うと、クリス・エバートというテニスプレイヤーが試合の際にラインストーンのブレスレットを身につけていたことからその名前がつきました。

 

1987年のUSオープンテニスで身につけていたのですが、大きな大会のプレッシャーを感じていた彼女が、ラインストーンのブレスレットをお守りとして身につけていたのだと言われています。その光景をみた人々から、全周にダイヤモンドがちりばめられたブレスレットをテニスブレスレットと呼ばれるようになり広まりました。

 

クリス・エバートは現在もアメリカで根強い人気があり、自分自身のお守りとして購入する人と、永遠の愛を象徴する贈りものとして婚約者に贈る人も多くいます。

 

テニスブレスレットのようにダイヤモンドがついたお品物は、日常使用で汚れが溜まると本来の輝きが失われてしまいます。購入店でクリーニングをお願いすると綺麗になりますが、クリーニングの回数制限や、保障期間が決められていることもあると思います。

 

そんな時は自宅でお手入れをして、汚れを溜めずにジュエリーの輝きを維持してみましょう。柔らかいクロスなどで表面を優しく拭いて、宝石の裏や金属との間にたまった汚れは毛先の柔らかい歯ブラシなどで優しくかき出して汚れを落とすだけで輝きが違ってきます。ぬるま湯と石鹸をつけたブラシを使うとより効果的ですが、ダイヤモンド以外の宝石には逆効果となる場合もあるので注意して下さい。

 

買取査定においても査定員はきれいに輝くダイヤモンドには強気の査定がしやすくなります。ご来店前にお手入れしてからお持ちになると、高額査定を引き出しやすくなるでしょう。

 

 

18金テニスブレスレット買取についてのまとめ

 

 

今回の記事では18金テニスブレスレット買取について解説しました。テニスブレスレットはデザインからもわかる通り多くのダイヤモンドで装飾されている点がポイントです。そのダイヤモンドのクオリティーによって買取価格は大きく異なり、同じ3ct程度のダイヤモンドでも100,000円を超える買取価格になる事もあります。

 

ダイヤモンドのctが大きくなればなるほどクオリティーによる価格差は大きくなりますので、テニスブレスレットと一括りにして買取価格が決まるわけではないのです。

 

この記事を書いている須賀質店では、各査定員がダイヤモンドの査定を高い水準で行う事ができます。テニスブレスレットの査定においても、クオリティーを判断して買取価格を提示させていただきますので、売却をご検討中のお客様はお気軽にご相談下さい。

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事