シャネル、J12、H2570型を高価買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

シャネル、J12、H2570型を高価買取

シャネル J12 ホワイト 買取

須賀質店五反田本店で、シャネル、J12、H2570型の時計を買取いたしました。オーソドックスなタイプのJ12は、セラミックの色が白か黒の2種類のタイプが展開されています。今回お持ち頂いたのは、白いセラミックのタイプで、29mmサイズのレディースの時計となっています。

 

シャネル、J12はどんな時計か

 

パテックフィリップやオーデマピゲ、バシュロンコンスタンタンといったスイスを中心とした高級時計ブランドとは違い、シャネルは、バッグやアパレル商品等も展開する高級ファッションブランドです。

 

時計を専門的に扱うブランドと比べると、ファッションブランドの時計は安価で、中古品市場でも高値で取引される物は多くはありません。しかし、シャネルは、J12は高級時計として確かな地位を築いていると言えると思います。

 

まずは、他のブランド、製品では見かける事の少なかったセラミックという素材を高級時計に使用し、それを業界に浸透させた事に功績があると思います。

 

そして、自動巻きやクロノグラフといった、技術力の必要な機械式の時計を製造する事で、他のファッションブランドの時計とは一線を画すのがシャネルのJ12ではないでしょうか。

 

シャネル、J12、H2570型の買取

 

今回お持ち頂いたJ12は、ケースサイズ29mmという小ぶりな時計であるため、レディースサイズと呼ばれるお品物です。レディースサイズの時計自体は珍しくありませんが、H2570型にはいくつかの特徴があります。

 

シャネル H2570 買取

まずは文字盤の素材がシェルになっているという事です。時計の文字盤にシェルが使われる事はよくありますが、J12にはシェルの文字盤のモデルは多くありません。角度によって七色に輝くように見え、高級感を感じる事が出来るのがシェル文字盤です。

 

そして、インデックスの数字の一部がダイヤモンドになっている点です。このようにインデックスの8箇所がダイヤモンドとなっているため8ポイントダイヤと呼ばれます。この2つがH2570型の特徴となります。

 

そして、お持ち頂いたお品物の買取査定としては、この2つの特徴がポイントとなるのです。シェルの文字盤、ポイントダイヤのインデックスこの2つは中古品市場でも時計の人気を高める材料になるため、通常のレディースのJ12よりも高価査定が可能なのです。

 

J12自体の特徴であるセラミック素材は金属と違い曲がるような事はありませんが、割れてしまっている事がたまにあります。J12の買取査定の際には状態の確認も重要なのです。お持ち頂いたお品物は、割れやキズはほとんど無く大変キレイな状態でした。さらに、査定額に直接大きな影響がある訳ではありませんが、箱や保証書等の購入時に付いていた付属品が揃った状態でお持ち頂きました。折角須賀質店にお持ち頂いた素晴らしい商品であったため、頑張って高値をお付けいたしました。須賀質店五反田本店で260,000円で買取いたしました。

 

J12、H2570の買取とまとめ

 

時計の相場は下がる事もあれば上がる事もあり、買取金額は常に一定ではありません。今回の買取金額が数年後にも付ける事が出来るかは分かりません。

 

何故このような話をするのかというと、基本的に時間が経過する毎に相場は下がっていくものであり、J12も相場が上がるよりも、下がる方を見掛ける事の多い商品です。

 

もし使っていない時計があるのであれば、そのままにしておくよりも、売ってしまって別の物を買うのも良いのではないでしょうか。

 

須賀質店は、買取という形で皆様のお役に立てればと思っております。出来るだけの高価買取を心がけておりますので、使っていない時計の買取はお任せください。

 

 

 

シャネル、J12、ブラックの買取事例←はこちら

シャネルのバッグの買取事例←はこちら

シャネルの時計の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。