ブルガリ オクトウルトラネロ BGO41S型の時計を買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ブルガリ オクトウルトラネロ BGO41S型の時計を買取

須賀質店五反田本店でブルガリの時計を23万円で買い取りました。こちらの時計はブルガリのオクトシリーズの時計になります。付属品はありませんでしたが、腕時計も目立ったキズ等はなく状態が良いお品物でした。

 

今回買取したお品物は2016年に発売された比較的新タイプで、ブルガリのメンズモデルであるオクトをDLC加工したケースとラバーベルトの組み合わせにしたブラック基調のモデルです。

ブルガリの時計を買取

 

ブルガリ オクトウルトラネロ BGO41S型の査定とDLC加工やラバーベルトについて

 

 

ブルガリ オクトウルトラネロ BGO41S型の査定では、壊れていないか、全体の使用感(キズや風防の欠けなどがないか)、ラバーブレスレットが劣化の有無などを確認していきます。機械式の場合は1日にどれくらい時間のズレが生じるかを専用の機械で確認します。大きく時間がズレたり、測定不能な場合は故障扱いとなります。

精度を計るタイムグラファー

精度を計るタイムグラファー

今回のブルガリ オクトウルトラネロ BGO41S型は、ケースにDLC加工という特殊な加工が施されています。これは硬質な膜でケースをコーティングし、小傷を防ぐ役割をしています。しかし、このコーティングが剥げてしまうと容易に直すことができないのでマイナス査定となります。また、擦り傷になどには強いですが、打ち傷や押し傷においては通常の強度となります。

 

またラバーベルトは弾力性があるので付け心地がよく、耐水性・耐久性優れ人気があります。反面通気性が悪く、長時間身につけていると肌が蒸れることもありますし、紫外線による加水分解という劣化が避けられない弱点があります。耐久性がある一方で、どこか一箇所に亀裂が入ってしまうとそこから裂けてしまう事もありますので、時折状態を確認しながら使用したほうがよいでしょう。

 

上記に問題があれば査定額が下がる事もありますが、須賀質店では壊れて動かない時計の買取も行っていますので、「状態が悪いけど値段がつくのかな?」など気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

ブルガリ オクトウルトラネロ BGO41S型買取についてのまとめ

 

 

今回の記事ではブルガリ オクトウルトラネロ BGO41S型の買取について解説しました。今回のお取引の様に須賀質店では付属品がない状態でも買取させていただきます。ご自宅に付属品がある場合も持ってこなくてよいか?というお問い合わせを受ける事があるのですが、その場合はお持ちいただく事をお勧めしております。付属品も真贋判定の参考になり査定時間が短縮され、お客様としては査定額の最後の一押しの交渉が可能になる事もあるでしょう。

 

付属品以外ではやはり正常に動作するか、外観大きなキズや凹み・ガラスの欠けが無いか等が査定時に確認されるポイントですので、日常使用の際によくぶつけたり落としたりしてしまう方は注意して扱うと査定額が減額にならずにお取引できると思います。

 

須賀質店ではお取引時にこういった査定額を判断するポイントなどもお伝えしております。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

ブルガリの時計買取事例←こちら

ブルガリのジュエリー買取事例←こちら

ブルガリのキーリング買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。