BULGARI

ブルガリ(取扱い品目一覧)

ディアゴノスクーバ、アショーマなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ブルガリ
創業 大正 9 年の老舗ブルガリの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

ブルガリ(BVLGARI)買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。
商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。
そのために、ブルガリ(BVLGARI)買取査定額に買取をできない場合がありますので、ブルガリ(BVLGARI)買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質預かりの場合のブルガリ(BVLGARI)買取査定額は、預かり期間中の価格相場の下落を考慮して買取査定額より10%~20%下回ります。

ブルガリの査定相場

須賀質店ではブルガリ(BVLGARI)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ブルガリ(BVLGARI)の時計であれば、附属品や箱、保証書が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。また、壊れて動かない時計でも買取、質入れ可能ですが、できる限り正確に動く状態でお持ちになることをお勧めいたします。
ブルガリ(BVLGARI)たくさんのモデルが存在していてブルガリ・ブルガリをはじめ、アショーマ、デジアゴノ、オクト、エルゴン、アルミニウムなどがありますが、須賀質店のスタッフはこれらの時計の取り扱いの経験が多数あるので安心して買取、質入れ共にお任せください。
須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ブルガリ(BVLGARI)の時計の高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

ブルガリ 取扱い品目一覧
ブルガリ・ブルガリ
BULGARI・BULGARI
スクーバ
SCOOBER
アショーマ
ASHOMA
オクト
OCTO
エルゴン
ERGON
レッタンゴロ
RATTANGORO
ディアゴノ
DIAGONO
ソロテンポ
SOROTENPO
アルミニウム
ALUMINIUM
ブルガリの査定のポイント
ブルガリについて

ブルガリの創業者はソティリオ・ブルガリという人物で、1857年にギリシャのエルピスという街で生まれました。ソティリオ・ブルガリの生まれたエルピスという街は、古くはローマ時代から銀細工が栄えていた街で、彼の家も銀細工職人として何代もつづいた家庭でした。そんな家庭に生まれたソティリオ・ブルガリは銀細工職人としての技術力は高く、新しいものを作り上げたり発想したりする独特の感性があったために、将来を大いに期待されていましたが、バチカン戦争が勃発したことによりブルガリ一族はイタリアに移ることとなります。
ソリティオはイタリアに移ってからもギリシャ時代と同様に銀細工職人として大いに活躍し、彼の作った製品は大いに人気を集めたために、1884年にイタリア ローマのヴィア・システィーナに初めての店舗を構えることになりました。この店舗が現在のブルガリのスタートと言われています。

ソリティオの製作する製品は、彼が生まれ育ったエルピスの伝統的はギリシャ建築のデザインを基にしながら、自身の持つ独自の感性と上手く融合して、斬新なイタリアンジュエリーデザインを創造してゆくことになりました。
1905年になると2人の息子、コンスタンティノとジョルジョも一緒になって会社の運営に携わるようになり、店舗を現在のブルガリ本社があるコンドッティ通りに移転します。1932年に創業者であるソリティオは亡くなってしまいますが、2人の息子 コンスタンティのとジョルジョは父からジュエリーのデザインだけでなく、会社の運営についても多くのノウハウを学びその後の会社組織を大きく発展させることとなりました。

個性的で 存在感の強い時計

ブルガリの時計への参入は意外に遅く1977年にブルガリ・ブルガリシリーズの腕時計を発表します。ブルガリ・ブルガリシリーズの時計はブルガリの初の腕時計でありながら、その斬新なデザインが大いに話題になり瞬く間に世界に広まってゆきました。特に、腕時計で一番目立つ部分であるベゼルに、自社の名前を「BVLGARI BVLGARI」と掘り込んだデザインは、時計を見る人に圧倒的な存在感を与えます。このベゼルに名前を彫り込むというアイデアは、時計界のピカソと呼ばれたジェラルドジェンタ氏の発案の様ですが、ブルガリの時計は最初のモデルから存在感や個性の主張を感じさせる時計でした。

ジュエリーメーカーが製造する時計というと、カルティエやティファニーの時計の様にどこかしら繊細で豪華、上品といった女性的なイメージを感じるものです。最近になってカルティエは自社の時計の女性的イメージの転換を図って、メンズ専用のモデル「カリブル」を発表したりしています。ブルガリはジュエリーメーカーでありながら、最初から個性の主張、存在感を感じさせる時計が多く存在します。ブルガリ・ブルガリにはじまりレンタンゴロ、ディアゴノ、アルミニウム、アショーマなど、個性的で
存在感の強い時計をつづけさまに発表し、時計業界に驚きを与えてきました。

現在のブルガリについて

ブルガリはデザインの個性ばかりが話題になりますが、実はジェラルドジェンタ社やダニエルロート社といったムーブメントまで製造できる時計メーカーを買収して、自社で時計製造のすべてを行えるマニュファクチュールにまで成長してきています。時計の製造は、時計専業でない宝飾品メーカーが時計製造を行う場合は、ムーブメントを他社より購入するエスタリブールであったり、製造そのものを外注している場合が良くあります。ブルガリは時計製造では40年ほどの歴史しかありませんが、短期間でマニュファクチュールにまで到達した意欲や情熱は、今後発表される新モデルにも脈々と受け継がれてゆくでしょう。