0.3ctの立て爪リングを高価買取 | 高価買取なら創業大正9年の須賀質店
失敗しない質屋選び
失敗しない質屋選び

0.3ctの立て爪リングを高価買取

最終更新日 2023年12月21日

須賀質店五反田本店で、0.3ctのダイヤモンドが付いた指輪を買取いたしました。ダイヤモンドの買取金額は、その大きさと、質の良し悪しで決まります。1粒の大きさが、大きければ大きい程、高額な査定になりやすくはなりますが、質が悪ければその分買取金額は下がってしまいます。

 

創業100年の実績から、熟練査定士による業界最高値をご提示致します。

須賀質店のダイヤモンド買取実績を見る

ダイヤモンド付きの指輪の買取

 

0.3 I SI-2 Poor

ダイヤモンドの付いた指輪の場合は、そのダイヤモンドの大きさと質によって買取金額が大きく左右されます。同じ石目(ダイヤモンドのカラット数)であっても、その買取金額はまちまちです。

 

以前、ダイヤモンドの石目が同程度の刻印のある指輪を買取で2つお持ちいただいた時に、買取金額の違いは何か聞かれた事がありました。

 

その時は、1粒で0.3ct程のダイヤモンドが付いた指輪と、小さなダイヤモンドが20粒程付いていて0.3ct程度の指輪をお持ちいただきました。この場合は、1粒の質の違いという事ではありませんでしたが、同じ石目の刻印があるからと言って買取金額が同じであるとい訳ではないのです。ちなみに、小さくて数の多い0.3ctよりも、1粒で大きな0.3ctの方が基本的には高額査定となります。

 

そして、今回お持ちいただいた0.3ctのダイヤモンドの買取査定では、質等を確認した結果次のような買取金額となりました。

 

無色透明である程上質であるのが通常のダイヤモンドです。カラーグレードは上から5番目のIでした。

 

亀裂や気泡、黒い不純物等の内包物は、あるにはあるが肉眼では見えるかどうかという感じでSI-2となります。

 

ラウンドブリリアントカットの良し悪しのグレードは、あまり良いものでは無く、むしろ悪いと言えるくらいでPoorとなりました。

 

ソーティング 買取

これらは、買取後に鑑定機関で確認をしていますが、買取の際には自分の目で判断しています。

 

これらを総合して、ダイヤモンドの買取金額で10,000円をお付けいたしました。ダイヤモンドの質としては、あまり上質な物であるとは言えませんでした。

 

指輪としてお持ちいただいているため、ダイヤモンド以外の枠の部分、プラチナにもお値段は付けています。Pt900で3.6g、ダイヤモンドと合わせて指輪として20,000円で買取いたしました。

 

ダイヤモンド付きの指輪の買取を通して、質屋としてのまとめ

 

 

須賀質店は一つ誇れる実績を持っています。それは創業が大正9年で、質屋として長年営業を続けている事です。

 

来て下さるお客様あっての事ではありますが、東京で100年程営業し続けてこれたのは、お持ちいただく品物に真摯向き合う姿勢を買っていただいてと思っております。

 

いらなくなったジュエリーやブランド品、捨てるのはもったいない。売るのならばどこに持って行けば良いのだろうか。老舗の質屋、須賀質店はいかがでしょうか。

 

ダイヤモンドの偽物の解説←はこちら

ダイヤモンド4Cの解説←はこちら

ダイヤモンドの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。