失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエ サイズの小さいYGミニラブリングを池袋営業所で買取

須賀質店池袋営業所でカルティエの指輪を28,000円で買取りました。こちらの指輪はカルティエのミニラブリングというシリーズで、イエローゴールドを使用したお品物となります。

ラブリングの高価買取

ラブシリーズはリング、ブレスレット、ネックレス、イヤリングと多彩なラインナップを展開しており、ビスをモチーフにしたデザインが特徴的です。パートナーとペアで身に着ける事ができるシリーズなので、お互いの愛を閉じ込めておく意味合がラブシリーズにはあるようです。

 

今回の記事ではミニラブリングを含めたブランドジュエリーにおける指輪(リング)の買取について説明していきます。

 

 

須賀質店がみるミニラブリングなどリングの買取金額

 

今回買取したミニラブリングは、大きな傷などがない良い状態のお品物でした。保証書はありませんでしたが、内外箱もお品物と一緒にお持ちいただき28,000円での買取となりました。

ミニラブリングはダイヤモンドの有無と、付いている場合は何個ついているかによって査定額が大きく変わります。

 

また素材も18金ではピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドがあり、プラチナ950を使用したお品物もあります。プラチナと18金で査定額が違うのはもちろんですが、18金でも色味によって査定額が変わります。

 

18金のお品物であれば、色味によって定価が違うというアイテムは少ないですが、時代によって流行のカラーが変わり中古市場の相場には反映されます。

また、ミニラブリングではサイズも査定額を決める要素となります。特徴的なデザインはサイズ直しをすることができないので、そのサイズに合った人しかつけることができません。

 

大きいサイズのお品物は体格の大きな欧米人でも使用できるので、中古市場で海外のバイヤーからの引き合いが多くなり、人気が高くなる傾向にあります。

 

極論を言うと、サイズが大きい場合はブカブカでもつけることができますが、小さいサイズはつけることができません。こういった考え方も反映されるためか、大きいサイズの方が高額査定に繋がりやすくなります。

 

 

カルティエ サイズの小さいYGミニラブリング買取についてのまとめ

 

今回の記事ではカルティエ サイズの小さいYGミニラブリングの買取について解説しました。

須賀質店ではカルティエのラブリングをはじめ、数多くのブランドジュエリーを買取してきた実績がございます。そのうえで、やはりサイズ直しができないデザインのブランドリングは小さすぎたり大きすぎると査定額が伸び悩む傾向があります。

 

サイズ変更ができないという事は、小さいリングの場合は着用できる方が少なくなってしまいます。多少大きい分には問題ありませんが、大きすぎる場合もブカブカになってしまうのでこれも着用できる方が少なくなってしまいます。

 

目安としては、サイズ50以下の場合と、サイズ60を超えてくる場合は査定額が伸び悩む事が見受けられます。但し、極端に査定額が低くなるという事ありませんし、サイズが小さいから損をするという事でもありません。

 

査定時に疑問点があれば是非お気軽にご質問ください。査定について、お品物について丁寧に説明させていただきます。

 

 

カルティエジュエリーの買取事例←こちら

カルティエジュエリー(取扱い品目一覧)←こちら

カルティエ時計(取扱い品目一覧)←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。