18金、ガラス入りのペンダントトップの買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金、ガラス入りのペンダントトップの買取

金 ペンダント 買取

須賀質店五反田本店で、同じデザインのペンダントトップを2つ買取いたしました。18金の枠にガラスがはまっていて、その中にダイヤモンドとルビー、エメラルドが入っています。

 

金製品、ペンダントトップの買取

 

金やプラチナといった貴金属はその重さで取引されるため、買取をするにはお品物の重さを量らなければいけません。しかし、基本的に量れるのはそのお品物、今回の場合はペンダトトップの重さであって貴金属そのものの重さではありません。

 

今回のように使われているのが金だけではなく、別の素材が使われている場合は、その分の重さを引いて計算しなければいけなくなります。

 

このように貴金属ではない素材が使われている金製品というのはよくあります。以前、金無垢の時計を買取でお持ちになられた方から、1gの買取金額×時計のグラムと買取金額に誤差があるのはどうしてかと聞かれた事がありました。時計の場合は、中に入っている機械部分には、基本的に金は使われていません。そのため、機械の分を引いて計算しないと金の重さでの買取とはならないのです。

 

大きな宝石の付いた指輪等も同様です。宝石自体にお値段を付けられる物であれば、高額な査定となる可能性がありますが、大きな宝石という物の多くは宝石としての価値があまりない物がほとんどなのです。その場合も、宝石の分の重さを引いて、枠の金のお値段での査定となるのです。

 

今回のペンダントトップは、2つ共全く同じデザインで、ガラスがはまっていました。2つ合わせて6.1gありましたが、その重さの大きな割合がガラスの重さです。

 

金 宝石 ガラス 買取

正確に金の重さを出す事は出来ませんが、金が3g程度であると判断をして、18金3gの買取とさせていただきました。

 

中に入っている宝石は、大きさ、質、量等がもう少しあればお値段を付けられるのですが、小さなものが少量というのは買取で幾らとまで言える物ではありませんでした。

 

須賀質店五反田本店で、12,000円で買取いたしました。金が高騰している今だからこその買取金額となっています。同じ3gの18金の買取でも、以前は10,000円に届いていなかったと思います。

 

金製品、ペンダントトップの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

今回の金のペンダントは、ガラスや石と一体となっていたため、金の重さを量る事が出来ないため、単純な計算ではありませんでした。

 

ただ、結局は金に高値を付けるから高価査定が可能なのです。

 

須賀質店であれば、どの店舗にいらしていただいても金やプラチナの買取金額は変わりません。高価査定で買い取らせていただきますので、ネックレスや指輪がいらなくなった時には須賀質店にご相談ください。

 

 

同様の商品、ペンダントトップの買取事例←はこちら

その他、金の製品の買取事例←はこちら

金の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。