失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金ダイヤ付きネックレスを高価買取

2020年6月16日

高価買取 18金 ダイヤ付き ネックレス 

 

須賀質店では日々ロレックスの時計、ルイヴィトンのバッグ、財布、カルティエのジュエリーなどのブランド製品や、最近ではiPhoneやMacBookなど幅広い高価買取しています。

 

今回は須賀質店五反田本店で18金のダイヤ付きネックレスを36,000円で高価買取致しました。

 

トップ部分にダイヤが0.18ct付いた使いやすいデザインのネックレスで、重さは7.9gです。

 

今回は今回買取したノンブランドジュエリー 18金 ダイヤ付きネクレスの査定方法をご紹介したいと思います。

 

老舗の質屋が見る ネックレスの査定 高価査定

今回のようなノンブランドのネックレスの査定になると、まず使われている素材が何なのかを調べることが重要な査定のポイントとなります。

 

ブランド、ノンブランド問わず、多くのジェエリーに使用されている素材は金やプラチナとなっており、ティファニーやクロムハーツなどのシルバーやメッキ素材の品物もあります。

 

今回買取致しましたネックレスの金具にはK18と言う刻印が入っていおり、この刻印から使われている素材が18金と言うことが分かりました。

 

同じ18金の刻印として「750」や、あとKと呼ばれる「18K」と言う刻印もあります。

 

いずれも18金と言う意味なのですが、K18と刻印されていても実際は14金だったり、ただのメッキだった・・・という品物もあるので、比重計と言う装置を使用したり、査定する人間がしっかりと確認して判断します。

 

トップ部分のダイヤですが、2粒で0.18ctと小ぶりの物で、ダイヤの質も良いと言えるものではありませんでしたので、今回の買取金額の大半は使用されている素材である18金の1gの買取金額×品物の重さと言う査定になりました。

 

今回のように素材1gの金額×品物の重さの査定の場合は、金、プラチナの1gの買取金額が高いお店を選ぶことが重要なポイントとなります。

 

また、今回のような査定方法の場合、品物の状態はあまり査定に関係しないため、ネックレスがきれてしまっていたり、指輪は歪んでしまっていても査定金額が大きく変わる事はありません。

 

「切れていると買い取ってもらえない・・・」「付いているダイヤや色石が取れてしまっているからダメだ・・・」と思って、家にそのままになっている貴金属品がありましたら、ぜひ須賀質店に買取にお持ちになってみてください。

 

 

ティファニーのリングやカルティエのネックレスなどの「ブランド製品」での買取となる場合は、切れてしまったり、ダイヤが取れていると大きく査定がマイナスとなっていしまいますのでお気を付けください。

須賀質店では他店に負けない業界トップクラスの金、プラチナの買取金額を実現しています。

 

他店の金、プラチナの買取金額に納得のいかない場合は、ぜひ一度須賀質店にお問い合わせください。

 

HPにその日の金、プラチナの買取金額も載せていますので、業界トップクラスの貴金属の買取金額を一度ご覧になってみてください。

 

高価買取の他に質預かりもお任せください

 

須賀質店ではノンブランドジュエリー、ブランドジュエリー、腕時計、バッグや財布、サングラスなどの小物類と幅広い品物を高価買取しています。

 

新品未使用のお品物はもちろん、状態が悪く他のお店でお取引をお断りになられたお品物も出来るだけ高価買取させていただきます。

 

須賀質店は都内3店舗で営業しており、五反田、渋谷、池袋のいずれも駅から近い場所にあるのと、創業100年の歴史と実績や全国のオークション市場の落札結果を収集、分析し高価買取を実現しています。

店頭に起こしにならなくても、お電話で商品名や型番などお伝えいただければ、大体の買取金額をお伝えさせていただきますので、お客様のご都合のよろしい時などに、ぜひお問い合わせください。

 

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

18金 喜平のネックレスの買取事例←はこちら
18金 テニスネックレスの買取事例←はこちら
プラチナ ダイヤ付きネックレスの買取事例←はこちら

この記事を書いた人
F.T
主任
2017年より須賀質店で査定員として仕事を始めました。宝石、時計、ブランド品など質屋に持ち込まれる品物の知識のほかに、楽器の知識があるところが自分の強みです。 また、質屋を初めて利用するお客様はどうしても緊張してしまう方が多いのですが、お客様にリラックスしていただくよう、得意の笑顔での明るい接客に努めており、多くのお客様から「質屋の接客のイメージが変わりました」とお褒めの言葉をいただくことも多いです。
おすすめ記事