メンズに人気のロレックス!高く買い取ってもらうにはどうしたら良い? | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

メンズに人気のロレックス!高く買い取ってもらうにはどうしたら良い?

ロレックスは、世界中のメンズに人気のある高級時計ブランドです。ロレックスの時計はただのブラント時計ではなく、堅牢で実用性のある時計なので多くの人に愛用されています。まさにロレックスは、ブランド時計の王道と言って良いでしょう。そんなロレックスは、中古市場でも非常に人気があり、いつも高値で取引されています。

その理由は、ロレックスが価値の下がりにくいブランドだからでしょう。ところで、ロレックスは今売ると高値になるようですが、それはなぜでしょうか。ここでは、ロレックスを高く買い取ってもらうコツについても解説します。

□ロレックスは価値の下がりにくいブランド

ロレックスが中古市場でも人気があるのは、価値の下がりにくいブランド時計だからです。ロレックスは一生物とも言われますが、これは「一生持ち続けたい素晴らしい時計」という意味と、「一生使える頑丈な時計」という両方の意味があります。ロレックスは、価値の下がりにくい時計だから一生物として使えるわけですし、実際に何十年でも動き続けるほど頑丈な時計です。

また、価値が下がりにくいということは、ブランド時計としての価値がずっと維持されることを意味します。そのため、ロレックスは資産として運用されることもあるのです。ちなみに、ロレックスは価値が下がりにくいので、中古市場でも定価と変わらない価格で取引されることが多いのですが、場合によっては中古品のほうが定価より高くなることもあります。

たとえば、デイトナなどのような超人気モデルは、需要が供給量を大幅に上回っているため、買取価格が定価を超えることも珍しくありません。これはロレックスだから起きることで、他のブランドではまずあり得ないことです。これはまさに、ロレックスマジックと言って良いでしょう。

□ロレックスを今売った方が良い理由

ロレックスは、今売ると高値がつきやすいのですが、その理由が3つあるので解説します。

 

*円安だから

ロレックスは海外製品なので、価格は為替相場の影響を受けます。為替が円安になると、海外からの輸入物の価格が上がります。ここ数年円安が続いているので、ロレックスはどれも価格が上がっているため、買取価格も上がっています。買取価格が上がるのは、中古市場の価格が上がるからですが、新品のロレックスの価格が上がると、それに連動して中古品の価格も上がるので、必然的に買取価格も高くなるわけです。ロレックスのモデルの中には、中古価格が高騰しているものもあり、買取価格が定価以上になるケースもあるようです。

 

*希少モデルの価格が高騰

ロレックスの中でも、スポーツロレックスと呼ばれるモデルの人気が高まっています。具体的にはデイトナやサブマリーナなどに人気が集中していて、正規店ではほとんど手に入らなくなっています。そうなると、どうしても欲しい人は中古品を買い求めるしかないので、中古市場でもスポーツロレックスの価格が上がっています。

この価格高騰は、ちょっと異常なほどです。たとえば、定価45万円で購入したスポーツロレックスが、60万円から80万円で買い取られることも珍しくありません。

 

*人気モデル販売点数規制による高騰

ロレックスは、同じ人が何度も人気モデルを購入できないように規制しました。これは、転売目的の購入を阻止するための措置ですが、これによりロレックスを欲しい人が、定価で買える機会が増えたことになります。しかし、こうなるとロレックスが欲しい人に行きわたるようになるので、中古市場で買い求める人は減少します。

そうなると、ロレックスの人気モデルの中古相場が下がってしまうので、今のうちに売ったほうが良いということになります。ちなみに、ロレックスの人気モデルの中古相場が下がると、それにつられてロレックス全体の相場が下がる可能性があるので、人気モデルでなくても早めに買取に出したほうがいいでしょう。

□ロレックスを高く買い取ってもらうコツ

ロレックスは頑丈で実用性の高いブランド時計なので、資産価値があります。そのため、ロレックスを投資目的や、売ることを前提として購入する人もいます。ロレックスは他のブラント時計と比べても、定価に対する中古市場の相場が高いので、購入時から売却することを考えている人も多いのです。

ロレックスは中古品でも数十万円は当たり前で、数百万円の値がつくことも多いので、売ることを前提に購入する人がいるのも当然かもしれません。もともと中古市場で安定した人気があり、買取価格も高いロレックスですが、さらに高値で買い取ってもらうためのコツをご紹介しましょう。

 

*付属品を揃える

ロレックスを買取に出す際は、付属品を揃えておくと高値になります。付属品には外箱、保証書、小冊子、タグ、コマなどがあります。外箱がないだけで5000円~10,000円、保証書は10,000円~20,000円もの買取価格の差が出ます。コマは自分の腕の大きさに合わせて、ブレスレットを調整するために必要なパーツですから、あったほうが査定がよくなるのは当然です。

小冊子やタグはそれほど影響しませんが、ないよりあったほうがいいでしょう。これに外箱がつくとすべての付属品が揃うことになりますが、中古市場でロレックスを買う人は、なるべく新品に近い状態のものを欲しがるので、外箱も大切な付属品なのです。これは、保証書についても同じことが言えます。保証書は、本物のロレックスであることを証明するものですが、買取店の査定士は保証書がなくても、本物かどうか見分けることができます。

しかし、ロレックスを中古で買う人には、保証書がないと本物かどうかわかりません。また、付属品として保証書を欲しがるマニアもいるので、保証書があったほうが査定時に有利になります。ロレックスの中でも、旧型のスポーツモデルは、付属品のあるなしが買取価格に大きく影響することがあるので、なるべく揃えておきたいものです。

といっても、付属品はいつの間にか、どこかにいってしまいがちです。ロレックスは最初から売ることを考えて買う人も多いので、買ったらすぐにこれらの付属品を箱に入れるなどして、保管することをおすすめします。

 

*オーバーホールしているなら証明書をつける

ロレックスを長年使い続けるためには、定期的にオーバーホールすることが大切です。オーバーホールによって、時計内部の機械を部品単位に分解して、掃除するから長持ちするのです。そのため、最後のオーバーホールをいつ行ったのかが、査定に影響します。

もし1年以内にオーバーホールを行っていれば、その証明書をつけることによって査定額がアップします。しかし、アップするといっても数万円程度です。オーバーホールすると10万円くらいかかるので、査定額を上げる目的でオーバーホールに出すと、赤字になるので注意しましょう。

 

*ロレックスは高く売れる時期がある

ロレックスは中古でも高額なので、簡単に買えるものではありません。そのため、ロレックスがよく売れる時期と、そうでない時期があります。ロレックスがよく売れるのはボーナス時期です。そこで、夏冬のボーナスの少し前に買取に出すと、高値で買い取ってもらえます。

また、ロレックスは贈答品としての需要もあるので、入学、卒業、就職のシーズンにもよく売れます。そのため、2月後半から3月初め頃も、ロレックスを高く買い取ってもらえる時期です。

□まとめ

ロレックスは価値の下がりにくい時計なので、中古市場でも人気があります。ロレックスは今売ると高値になりますが、それは円安と希少モデルの価格が高騰していること、ロレックスの人気モデル販売点数規制などが影響しています。ロレックスを少しでも高く売るには、付属品を揃えて、オーバーホールしているなら証明書をつけて、高く売れる時期に買取に出すといいでしょう。

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。