シャネルのプルミエールを五反田本店で高価買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

シャネルのプルミエールを五反田本店で高価買取

須賀質店五反田本店で、シャネルのプルミエールを65,000円と高価買取です。

シャネルのプルミエール買取

シャネルと言えばオートクチュールの衣服やバッグ・香水などが有名ですが、腕時計も人気が高く質屋では取扱い量の多いお品物です。

 

特にプルミエールはシャネルの大定番ウォッチで、プルミエール(Première)はフランス語で『最初の』という意味でその意気込みが感じられるコレクションです。

 

1987年に誕生したプルミエールですが、8角形のケースデザインはパリのヴァンドーム広場からインスパイアされたと言われており、それまでラウンド(丸)型が主流だった腕時計において差別化されたデザインでもあり人気に火が付きました。

 

【 目次 】

☑プルミエールの種類と買取事例

 

☑シャネルのプルミエール査定ポイント解説

 

☑シャネルのプルミエール買取まとめ

プルミエールの種類と買取事例

 

今回買取したプルミエールは、細かく種類が分かれております。買取事例を交えて解説したいと思います。

 

・プルミエールロック

 

今回買取したお品物はプルミエールロックになります。ブラックレザーとステンレススチールが編み込まれたブレスレットが特徴的ですが、限定モデルではピンクやブルーのレザーを使用したモデルもあります。

 

状態によって査定額が大きく変わりますが、今回は65,000円での買取となりました。

シャネルのプルミエール買取

 

・プルミエールチェーン

 

プルミエールチェーンは文字通りブレスレットが丸みを帯びた金属製であるモデルです。素材はステンレススチールや金(ゴールド)素材のラインナップがあります。

 

須賀質店の買取事例では18金製のプルミエールチェーンを300,000円で買取ました。ステンレススチールモデルと比べると重量感があり、着用時の満足感も高いのではないでしょうか。

プルミエールチェーンの買取

 

プルミエールミニ

 

プルミエールミニはその名の通り他と比べるとサイズが小ぶりなモデルです。須賀質店ではダイヤモンドつきベゼルのタイプを90,000円で買取しました。小ぶりなケースですがダイヤモンドつきベゼルで適度な存在感があるモデルです。

プルミエールミニの買取

 

プルミエールセラミック

 

ブレスレット部分がステンレススチールとセラミック素材のコンビモデルです。こちらもダイヤモンドつきベゼルのタイプを170,000円で買取しました。セラミックはキズに強い素材ですので、シャネルらしい高級感を保ちやすいモデルとなります。

プルミエールセラミックの買取

 

プルミエールカメリア

 

こちらは複雑機構のトゥールビヨンを搭載したモデルです。シャネルらしいカメリアのデザインと相まってより高級感が感じられます。残念ながら須賀質店ではまだ買取実績のないモデルですが、いつかは査定したいモデルの1つです。

プルミエールカメリアの買取

 

シャネルのプルミエール査定ポイント解説

 

ここからはシャネルのプルミエール査定ポイントについて解説します。

 

今回買取したプルミエールはクォーツ式の腕時計です。クォーツ式とは電池が動力源の機械で、精度が高く電池切れまで動き続ける長所があります。

一般的なクォーツ式は1ヶ月で20~30秒以内の誤差となり、精度が高いものは1年で1~10秒以内の誤差というもの存在します。正確で電池切れまで動き続ける為扱いが容易です。

 

ロレックス等の高級時計(特にメンズモデル)は趣向性の高い機械式のモデルが主流ですが、レディースモデルをはじめ実用性を重視する場合は断然クォーツ式が人気です。現在流通している腕時計の90%以上はクォーツ式と言われていますので、シェア率もとても高い駆動方式です。

 

クォーツ式は機械による大量生産が可能(一部高性能モデルを除く)な為、安価なモデルは100円均一で売られている時計もあります。知識がある方はご自身で電池交換を行う事も可能ですが、一般的な電池交換代は500円~となりますので、こういったモデルは電池が切れたら買い替えた方が効率的かも知れません。

シャネルのプルミエールの場合、修理業者やメーカー価格など違いはありますが、1,500円~程度で電池交換が可能な様です。お店によっては「ブランド品はメーカーに依頼」としている事もありますので、よく確認してみると良いでしょう。

 

なぜ電池交換の話をしたかと言うと、クォーツを買取査定する際、止まっていると問題になるからです。

 

「電池切れで止まっているだけ」と思っていても、実は内部の機械が故障して止まっていたらどうでしょうか。買取後に再販する際、高額な修理費用がかかる可能性があります。

 

私たち須賀質店のスタッフが店頭で査定する際、残念ながら電池切れか故障なのかを判断する事が出来ません。その為、例え電池切れであっても故障扱いの査定額を提示しなければならないのです。

 

買取査定時に大きく減額されてしまう可能性が高いので、クォーツ式が電池切れで止まった状態であれば電池交換を行ってから査定にお持ち込み下さい。

 

次にプルミエール特有の査定ポイントとしてブレスレットの状態です。プルミエールの種類説明でも触れましたが、プルミエールロックはステンレススチールにレザーが編み込まれたデザインのブレスレットです。

プルミエールのブレスレット修理

プルミエールの取扱いではプルミエールロックの割合が断然高いです。このレザー部分が千切れている・解れている・とれてしまっている等の症状が時折見受けられます。

 

革ひも交換も行ってくれる修理業者がある様ですが、価格が記載されておらず相場を確認する事ができませんでした。特殊な構造で全ての修理業者で対応しているわけでもないので、事前に修理する際は対応しているかの確認が必須になります。

 

革ひもに不具合がある状態で買取にお持ち込み頂いた場合、当然ながら査定額から修理費用が差し引かれた金額での買取となります。

 

その他ではエメラルドカット状の風防ガラスのカケも多い症状です。風防がせり上がったデザインですので、腕時計をぶつけた際はダイレクトに風防ガラス部分にダメージが加わります。

プルミエールのガラスについて

ガラスがカケると見た目の問題もさることながら、欠けた部分に肌が当たり怪我をする恐れもあります。風防が通常な状態と比べると査定額も下がってしまいます。時計をぶつけない様に注意するなど、丁寧に取り扱えば防ぐことが出来ると思いますので、マイナス査定にならない様にご注意ください。

 

シャネルのプルミエール買取まとめ

 

今回の記事ではシャネルのプルミエール買取について解説してきました。種類や状態によって大きく査定額も変わりますから、お手元のプルミエールがいくらで売れるのか?という方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

この記事を書いている須賀質店では、ホームページからのお問い合わせ、お電話でのお問い合わせ、LINEでのお問い合わせが可能です。

 

特にLINE査定でのお問い合わせ件数が増加しており、個人情報を必要以上に公開する必要がない、お客様の都合が良い時間に問合せ・査定額の確認ができる、お品物の写真が送付できるので個体の特定や状態確認が行いやすく誤差の少ない査定額を知れる、等の利点があります。

 

他のお店と査定額を比較する際も、LINE査定であればご自宅から複数の店舗に簡単に問合せする事が可能です。

 

新型コロナウイルスの影響で外出を極力避けなければならない昨今、買取店を1店ずつまわる事はできれば避けたいと思います。そういった意味でもLINE査定はとても便利な問合せ方法です。

プルミエール買取のまとめ

実際須賀質店にご来店いただく際も、従業員のマスク着用、毎日の検温、店舗の換気、手指消毒剤の設置、カウンターの清掃・消毒の対策を行っております。

 

五反田本店、渋谷営業所、池袋営業所の各店でお客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

シャネルのバッグ買取事例←こちら

 

シャネルの真贋確認について←こちら

 

シャネルの高額買取について←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。