カルティエのダイバーズウォッチであるカリブルダイバーを高価買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエのダイバーズウォッチであるカリブルダイバーを高価買取

カリブルダイバー 高価買取

 

須賀質店渋谷営業所にて、カルティエのカリブルダイバーを買取いたしました。

 

今回買取しましたカリブルダイバーは、カルティエのメンズウォッチとして人気を集めているカリブルシリーズの中の一本です。

 

今回買取しましたカリブルダイバーは、その中でも防水性能に特化したダイバーズウォッチであり、中古品市場でも一定の人気を集めているモデルです。

 

ステンレスとピンクゴールドを使用したカジュアルに近いデザインから、ビジネスシーンにも使用しやすい一本だと言えるでしょう。

 

今回買取したカリブルダイバーは、査定ポイントがいくつもあり、その中でも査定員の目を引き、買取金額に影響したポイントもありました。

 

今回は、カルティエのカリブルダイバーの査定ポイントと、実際の査定について解説します。

【目次】

①カルティエ カリブルダイバーの査定ポイント

②今回買取したカリブルダイバーの査定について

③須賀質店は付属品のないブランドの時計も買取可能です

カルティエ カリブルダイバーの査定ポイント

今回買取しましたカルティエのカリブルダイバーは、査定する上で注目すべきポイントがいくつも存在します。

 

今回はその内の3点を紹介します。

 

査定員の査定ポイントを把握していれば、日々の使い方や保管方法にも気をつけることができ、結果的に高額な買取金額が期待できるかもしれません。

 

①ベゼルのキズ

冒頭で、今回買取したカルティエのカリブルダイバーは、素材にステンレスとピンクゴールドが使用されていると紹介しましたが、文字盤周囲にあるベゼル部分のみ素材はセラミックになっています。

 

セラミック素材のベゼルはキズに強く、変色なども少ないことから、カルティエのみならず、様々な時計ブランドにて採用されている素材です。

 

時計ブランドの例としては有名なロレックスも挙げられます。

 

ロレックスのダイバーズウォッチであるサブマリーナは2010年頃にベゼルの素材をアルミニウムからセラミックに変更しました。

 

アルミニウム素材のベゼルは、細かなキズや、変色などが見られましたが、セラミック素材のベゼルは耐久性に優れているため、アルミニウム素材のベゼルのような細かなキズは付きにくいです。

 

そのため、ウブロやゼニス、ブライトリングなど数多くの時計ブランドでも使用されている素材です。

 

しかし、キズに強いとは言っても100%キズが付かない訳ではありません。

 

セラミックの素材としての特性上、衝撃によっては割れてしまうことも珍しいことではありません。

 

落としてしまったり、ぶつけてしまったりする強い衝撃の場合、セラミックは割れてしまったり、欠けてしまう可能性があります。

 

ステンレスやゴールドなど、素材によっては研磨処理を行うことで目立たせなくすることが可能ですが、セラミックの場合は研磨処理を行うことができません。

 

そのため、もしもベゼル部分が割れてしまっている場合交換修理が必要になってしまうため、査定金額には影響してしまいます。

 

キズには強い素材だと知られているセラミックですが、ヒビなどがないか査定員は入念に確認をして査定金額をお付けします。

 

②ラバーベルトの亀裂

 

画像からもわかるように、今回買取しましたカリブルダイバーにはラバーベルトが使用されていました。

 

ラバーベルトは革ベルトよりも汗などの水分に強く、金属製のブレスよりも軽いことから、これから暑い季節に好まれやすいベルトだと言えるでしょう。

 

革ベルトよりも耐久性に優れていると言えますが、ラバーベルトにも気をつけるべきポイントがあります。

ラバーベルトの場合、経年劣化等の理由から亀裂が入ることが多いです。

 

ラバーベルトの特性上、少しの亀裂がまたたく間に大きくなってしまい、最悪の場合急にベルトが切れて時計を落としてしまう危険性があります。

 

ラバーベルトの亀裂は査定金額に影響することもありますが、切れてしまい時計を落としてしまった場合大きなキズが付いてしまい、結果的に査定金額に大きく影響してしまうことも考えられます。

 

そのため、ラバーベルトの時計を使用されている方は、今一度ベルトに亀裂が無いか確認をして、もしも亀裂があった場合は、ベルトの交換を行うことをお勧めします。

 

③リューズの石の欠損

カルティエ リューズの石 欠損しやすい

今回買取しましたカリブルダイバーを始め、カルティエの時計の多くはリューズ部分に青色の色石が埋め込まれています。

 

カルティエの時計ならではのポイントでもあり、オールステンレスの時計でも一見したときにも色石が目を引く印象があります。

 

リューズに使用されている色石ですが、落とした際などの衝撃によってヒビが入ってしまったり、最悪の場合外れてしまうこともあります。

 

中古品市場においてリューズの色石部分が欠損してしまっている場合、市場でも人気が伸び悩んでしまう傾向があるため、買取金額にも影響してしまうことが多いです。

 

そのため、色石付きのカルティエの時計をお持ちの方は時計を置く際などもリューズを下にしないなど、日頃からの取り扱い方にも注意されることをお勧めします。

 

ここまで、カリブルダイバーの査定ポイントについて、紹介してきましたが、次はいよいよ今回買取したカリブルダイバーの査定について

査定員はどのような判断をしたか解説します。

 

今回買取したカリブルダイバーの査定について

カルティエ 時計 高額査定

今回買取しましたカリブルダイバーは、ガラス、ベゼルに大きなキズがありました。

 

キズの状態から見て、おそらく固いものに擦ってしまった際にできたキズだと思われます。

 

先程もお話したように、ベゼルが破損してしまった場合、状態を改善させるためには交換修理が必要になってしまいます。

 

今回は、割れてしまっていた訳ではありませんが、キズの範囲が広く、ガラスやケースにも同じキズがあったためどうしても査定金額に影響してしまいました。

 

他のポイントである、ラバーベルトやリューズの色石には目立った欠損などは見られませんでした。

 

時計の動作にも問題なく、査定の上で挙げられるマイナスポイントはベゼル、ガラスのキズでした。

 

マイナスポイントはあるものの、須賀質店はキズのある時計の査定経験が豊富であるため、例え目立つ傷があったとしても必要以上に買取金額を下げることはありません。

 

今回の査定金額は当初380,000円でお客様にご提示していましたが、お客様から400,000円にはならないだろうかと相談を受けました。

 

キズがあるとは言え、ギリギリまでの買取金額をお付けしていたため、査定員は400,000円はお付けできないだろうと判断しました。

 

しかし、その上でなんとか390,000円であれば、会社の利益としては薄利にはなってしまうもののお付けできると判断したため、須賀質店渋谷営業所にて390,000円で買取させていただきました。

 

毎回このような査定ができるわけではありませんが、須賀質店はなるべくお客様のご希望に添えるよう日々努めています。

 

須賀質店は付属品のないブランドの時計も買取可能です

売却を希望されるお客様からのお問い合わせで「箱や保証書をなくしてしまった指輪でも買取可能ですか」といった内容を多くいただきます。

 

いざ時計を売ろうと思ったものの、付属品が見つからないということは珍しくないと思います。

 

しかし、須賀質店では付属品がない場合でも、買取金額にはほとんど影響はなく、高額買取いたします。

 

買取店の中には、品物の品質を保証する保証書がないと買取できないという対応のお店もあるようですが、須賀質店では査定員それぞれが多くの査定経験を持ち、査定技術の向上にも努めておいるため、保証書などのない時計であっても買取金額をおつけすることは充分に可能です。

 

そのため、他の買取店では付属品が無かったがために買取を断られてしまったとしても

 

須賀質店であれば、問題なく買取することが可能です。

何より、今回買取したカリブルダイバーも箱や保証書などといったふぞくひんは無く、お品物単体でお持ちいただきました。

 

付属品をなくされたり、処分してしまったとしても、須賀質店では、高額な買取金額をお付けできる可能性が充分にあります。

 

ぜひ須賀質店をご利用ください。

 

【限定モデル】カルティエ パシャ38の買取事例←はこちら

カルティエ タンクアメリカンSMの買取事例←はこちら

カルティエ サントスオクタゴンSMの買取事例←はこちら

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。