合計3.08ctのダイヤモンドつきリングを買取~渋谷営業所~ | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

合計3.08ctのダイヤモンドつきリングを買取~渋谷営業所~

東京五反田に本店がある須賀質店渋谷営業所にて、中石1.88ctのダイヤモンド、メレダイヤ1.20ctつきの指輪を140,000円で買取ました。

ダイヤモンドジュエリーの買取

大正9年に創業し100年以上の歴史がある須賀質店では、これまで数多くのダイヤモンドジュエリーを取扱ってきました。

 

経験豊富な須賀質店だからこそお伝えする事ができる、ダイヤモンドジュエリー買取について解説していきたいと思います。

 

【 目次 】

☑ダイヤモンドジュエリーの査定額は千差万別

 

☑合計3.08ctのダイヤモンドつきリングの買取についてのまとめ

 

ダイヤモンドジュエリーの査定額は千差万別

 

最近では環境保護・人権保護の観点から人工ダイヤモンドをジュエリーに採用するブランドも増えてきました。

 

天然のダイヤモンドは鉱山から発掘され、インドやブラジル・南アフリカ・カナダ・オーストラリア・ロシア・中国などが原産地として有名です。

天然ダイヤモンドの発掘には労働者の人件費やその他の費用がかかりますし、鉱山を掘り進めるという意味では自然環境を人工的に変化させている事にもなります。

 

ダイヤモンドが高く評価されているのは、「見た目の美しさ」とともに「高い硬度」を持っているからで、モース硬度10に分類される唯一の宝石です。

 

硬度が高い(キズがつきにくい)宝石である為、長年にわたって美しく輝き続ける事ができるダイヤモンドは、再利用もしやすい点から中古市場でも評価され高額買取が可能になります。

 

ダイヤモンドは購入価格も高額だが、財産としてもしもの時に高値で売れるという認識がある方も多いですが、「スペック」によって買取価格に大きな差が出ます。

先ほど説明した「人工ダイヤモンド」と「天然ダイヤモンド」。今後評価基準が変わるかも知れませんが、現在買取対象となるダイヤモンドは「天然ダイヤモンド」になります。

 

宝石全般に共通しますが、人工的に作られたものは中古市場で評価される可能性が低くなります。(天然石はその希少性を評価されて買取金額に反映される事になりますが、希少性の評価は宝石により異なりますので、天然石でも全てが買取可能という訳ではありません。)

 

天然ダイヤモンドを買取る際には、4Cという評価基準に準じて査定を行います。「Cut(カット)」「Carat(カラット)」「Color(カラー)」「Clarity(クラリティー)」の4項目の頭文字が全てCから始まるため4Cと呼ばれています。

今回買取したダイヤモンドつきリングは、中石1.88ctのダイヤモンド、メレダイヤ1.20ctつきのお品物でした。

 

中石はその1粒について4Cを判断し、メレダイヤは全体の平均を考えて4Cを判断していきます。

 

1.88ctの中石については、カラット:1.88ct・カラー:ライトブラウン・クラリティー:VS-2・カット:マーキスカットと判断しました。

 

カットについて、流通量の一番多いラウンド・ブリリアント・カットの場合、全体的なプロポーションやポリッシュ(研磨状態)、シンメトリー(対称性)、フィニッシュ(仕上げ)などを評価します。

 

最上評価から「Excellent」・「Very Good」・「Good」・「Fair」・「Poor」と評価されますが、今回買取したマーキスカットの場合はカットの種類のみを判断して評価自体は行いません。

マーキスカットの評価

クラリティーは内包物や傷などの程度を判断する項目で、今回はVS-2と判断しました。最上評価から「FL」・「IF」・「VVS1」・「VVS2」・「VS1」・「VS2」・「SI1」・「SI2」・「I1」・「I2」・「I3」となります。

 

VS-2は上からも下からも6番目の評価ですが、肉眼は勿論10倍ルーペを用いても内包物等を発見する事が難しく、評価としては上位の評価になります。VSクラス以上は熟練者でもルーペで見分けることが難しいと言われており、高倍率な顕微鏡など高性能な機器を用いて判断する事になります。

 

カラーは無色透明なほど価値が高くなりますが、今回はライトブラウンという評価になりました(ファンシーカラーダイヤと呼ばれる希少ダイヤは、カラーダイヤでも評価が高いです)。

 

ライトブラウンとは文字通り茶色味掛かっているカラーですので、評価としては低くなってしまいます。中石は1.88ctでVS-2クラリティと評価が高いダイヤモンドですので、カラーの評価が高ければ買取金額も更に高額になったでしょう。

メレダイヤについては全体を確認して平均的に評価を行います。1粒ずつ評価していくと時間が掛かってしまいますし、買取金額も1粒ずつではとても少額になってしまいます。

 

中石とメレダイヤの評価が終われば買取金額が決まる・・・と思われるかも知れませんが、枠部分の査定も忘れてはなりません。

 

ダイヤモンドジュエリーの大多数は枠や本体に貴金属を使用しています。金(ゴールド)やプラチナは、純度にもよりますが1gあたり2,000円~7,000円程度で買取されますので、枠部分が10gあれば20,000円~70,000円程度が査定額に加わる事になります。

 

今回の指輪は、Pt950(プラチナ950)/750(18金)のコンビ素材で、プラチナメインのお品物でした。ダイヤモンドの重さを差引くと、枠部分は15.8gありますので、今回の買取金額である140,000円の中に61,000円が枠部分査定額として含まれております。

指輪の枠も高価買取

もし中石のカラーが無色透明に近いスペックであったなら、今回の買取金が500,000円以上となった可能性もあります。それほどまでに買取金額に差が生じる宝石がダイヤモンドです。

 

お持ちのダイヤモンドジュエリーも、査定をお願いしたら予想以上の買取金額になるかも知れません。勿論、ご希望額に届かない可能性もありますが、売却を検討している方は買取店に査定をお願いしてみて下さい。

 

この記事を書いている須賀質店では、店頭での査定に手数料は一切かかりません。査定額にご納得いただけない場合は、そのままお持ち帰りいただく事も可能です。

 

ダイヤモンドジュエリーの査定はスペックの確認や重量確認がありますので、お気軽にご来店のうえ査定をお申しつけ下さい。

 

合計3.08ctのダイヤモンドつきリングの買取についてのまとめ

 

今回の記事では合計3.08ctのダイヤモンドつきリングの買取について解説してきました。お持ちのダイヤモンドジュエリーの買取金額を確認したい方は、お気軽にご来店・お問い合わせ下さい。

ダイヤモンドリング買取のまとめ

大正9年に創業した須賀質店では、これまで積み重ねてきた査定技術や独自の相場検索システムを確立しています。これを日々の査定に反映しておりますが、現状に甘んじることなく常に新しい情報を仕入れて査定に活かしております。

 

ダイヤモンドジュエリーは勿論、ブランドバッグや財布・腕時計・ブランドジュエリーを含む貴金属製品・スマートフォン・タブレットPC・カメラなど取扱いアイテムも大変豊富です。

 

それぞれを専門の買取店にお持ち込みの場合は、各店舗を回る時間や労力が多くかかってしまいます。その点、須賀質店では数多くのアイテムを一度に査定し買取る事が可能です。

 

複数のお品物を一度に売却したい場合も、お気軽にご相談下さい。

 

五反本店、渋谷営業所、池袋営業所と、現在は都内に3店舗展開している須賀質店。各店舗共に新型コロナウイルス感染予防対策としてスタッフのマスク着用や店頭の手指消毒剤設置、店舗の換気、カウンターの清掃・消毒などを行いお客様のご来店をお待ちしております。

 

アトKを含む貴金属の買取について←こちら

 

999.9インゴットの買取について←こちら

 

ネクタイピンの買取について←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。