フェンディのトゥージュールを高価買取~池袋営業所~ | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

フェンディのトゥージュールを高価買取~池袋営業所~

東京五反田に本店がある須賀質店池袋営業所で、フェンディのトゥージュールを52,000円と高額買取しました。フェンディのバッグは世界中で数多くの人々に人気があります。

フェンディーのバッグ買取

1925年イタリアのローマに誕生した「フェンディ」。現在はルイヴィトン等が属しているLVMHグループの一員になっています。

 

創業当時は羽毛工房でしたが、現在は毛皮・バッグ・靴・アパレル・ジュエリー・時計など幅広いラインナップを誇っています。

 

【 目次 】

☑須賀質店が解説するフェンディのトゥージュール買取金額

 

☑フェンディ・トゥージュールの査定ポイントを須賀質店が解説

 

☑フェンディのトゥージュール買取についてのまとめ

 

須賀質店が解説するフェンディのトゥージュール買取金額

 

今回買取したフェンディのトゥージュールは比較的状態の良いお品物でした。まだまだ次のオーナー様の元で活躍できるお品物でしたので、52,000円と高額での買取となりました。

フェンディのバッグ買取

よく高額での買取というけど、具体的にどれ位の金額で買取ってくれるの?と疑問に思われる方もいらっしゃいます。

 

ブランドバッグの多くは、製造から年月が経ち使い込まれるほど買取金額は低くなります。プレミアが付く様なヴィンテージ品や一部限定品を除けばこの考えが当てはまり、フェンディのトゥージュールの様にレギュラー展開されたシリーズであれば尚の事です。

 

中古のブランドバッグを買う場合、新品よりも安い価格で手に入るメリットと、新品ではないのでキズや汚れなどの劣化があるデメリットが表裏一体となります。

 

売る側としては少しでも高値で買取ってもらいたいですが、買う側としては少しでも安く買いたいという想いがありますので、そのバランスを取って買取相場が形成されお品物ごとの買取金額が決まります。

 

ブランドやシリーズごとに平均的な相場が形成された後、キズや汚れがない新品に近いものほど高価格、キズや汚れが多く使用感が感じられるものほど低価格で買取(販売)される事になります。

 

今回買取したフェンディのトゥージュールは一般的な買取相場より高額での買取となりました。未使用品には敵いませんが、キズや汚れなどは殆どなく綺麗な状態と判断しての査定額です。

 

次項ではフェンディのトゥージュールを査定するポイントを解説します。

 

フェンディ・トゥージュールの査定ポイントを須賀質店が解説

 

ここからは今回買取したフェンディのトゥージュール査定ポイントを解説します。

 

まず確認するのは全体のキズや汚れです。一目見てわかる様な大きさのキズや汚れは減額となる可能性が高いです。表面のキズや汚れは目立ちますし、特に正面につくとご自身で使う際も気になってしまうでしょう。

バッグのキズについて

今回買取したフェンディのトゥージュールは目立つキズや汚れはありませんでした。ブラックやネイビーなどのダークカラーは汚れが目立ちにくい特徴があります。逆にホワイトやベージュなどライトカラーは黒ずみなどの汚れが目立ちやすくなります。

 

キズについては、型押しタイプは目立ちにくい特徴があります。エレガントな印象のスムースレザーは、細かいスリキズでも目立ってしまいます。

 

更にキズや汚れがつきやすい箇所についても触れておきましょう。面積が大きい表面にキズが付きやすいと思われがちですが、実はバッグの角部分につきやすい特徴があります。取扱いに気を付けていても、日々のご使用中に小さなスリキズがついてしまいがちです。

 

1回だけでは目立たないとても小さなキズですが、毎日使用している間に同じ個所にキズが重なっていくと範囲が大きく・深いキズになってしまいます。

 

バッグに使われているレザーやキャンバス素材は、簡単にキズを修復する事ができません。取扱いに注意して他のバッグとローテーションして使用頻度を減らす事くらいしか対応策がありませんが、「目立つキズ・大きなキズ・深いキズ」がつかない様に気を付けてご使用下さい。

 

次に汚れやすい場所です。勿論面積が大きな表面にも注意していただきたいのですが、ハンドバッグタイプはハンドル部分が要注意ポイントです。

バッグの汚れについて

手で触れる機会の多いハンドル部分は、手の汚れや汗が付着しやすくなります。これも角部分のスリキズと同様で、毎回の使用で少しずつ汚れが蓄積していきます。

 

冬場は手袋を着用して防ぐ事もできますが、夏場も手袋を着用し続ける事は難しいと思います。

 

防止策の1つとして、スカーフ(ツイリー)をハンドル部分に巻く方法があります。お客様の気に入ったデザインを巻けばより愛着が沸き、気分に応じて付け替える事も容易です。汚れた際はスカーフのみをクリーニングすれば良く、バッグのハンドル部分が汚れる事はありません。

 

今回のトゥージュールはブラックカラーですのでハンドルの黒ずみは目立ちませんが、ライトカラー系のハンドルの場合はスカーフ(ツイリー)を巻くと良いかも知れませんね。

 

また、型崩れもバッグの経年劣化としては非常に多い症状となります。荷物を詰め込み過ぎて広がってしまったり、保管時に圧力がかかり潰れてしまう事が多いようです。

 

バッグの容量以上に荷物を詰め込み過ぎず、保管時には新聞紙やタオルなど緩衝材を入れて型崩れを防ぐと良いと思います。

 

また、保管時は長期間風通しの悪い場所や湿気の多い場所に放置しないで下さい。カビの原因となります。

 

カビが生えてしまうと修復する事は非常に困難ですし、中に入れた財布等にも移ってしまう事も考えられます。

 

保管中も長期間放置せず、定期的に風通しの良い場所に出す事や、除湿剤と一緒に保管し湿気が溜まる事を防ぐと良いでしょう。

 

フェンディのトゥージュール買取についてのまとめ

 

今回の記事ではフェンディのトゥージュール買取について解説してきました。

フェンディの買取まとめ

バッグ類の買取査定において、キズや汚れ、型崩れなどの状態判断は大変重要なポイントです。ブランドやお品物事に相場はありますが、いくら高額な買取相場のお品物であっても状態が悪いと買取をお断りする可能性があるくらいです。

 

一方、貴金属製品(18金やプラチナ900など)の場合、状態の判断はほぼ関係ありません。千切れているネックレスや歪んで着用出来ない指輪、左右揃っていないピアスやイヤリングであっても買取可能です。

 

貴金属の査定では「お品物の重さ×1gあたりの買取相場」で査定額が決まりますので、通常のネックレスでも千切れたネックレスでも、使われている貴金属の種類と重量が同じであれば買取金額はかわりません。

 

この様に、お品物によって査定方法や重要になるポイントが変わります。ブランドバッグや貴金属の売却は勿論、「売りたい品物があって査定額を確認したい」と思われている方はお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事を書いている須賀質店では、スマートフォンやタブレット端末の取扱いも最近増加しております。

 

近年のスマートフォンやタブレット端末はスペックの向上により価格の高額化が進み、中古市場でも需要が増加しております。「最新機種でなくて良いのでリーズナブルな端末を買いたい」という買う側のニーズと、「新しい端末を購入する際の一部資金に充てる為」という売る側のニーズが合致しております。

 

こうしたニーズにお応えする為に、須賀質店ではスマートフォンなどの取り扱いをはじめて、大変ご好評をいただいております。

 

これからもお客様のご期待に応えられる様に努力を続けていきたいと思います。五反田本店、渋谷営業所、池袋営業所と都内に3店舗展開しております。どうぞお気軽にご来店・ご相談下さい。

 

ルイヴィトンのネヴァーフル買取について←こちら

 

ロレックスの時計買取について←こちら

 

ネクタイピンの買取について←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。