貴金属の買取ならお任せください~18金のダイヤ付きの指輪を買取いたしました~ | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

貴金属の買取ならお任せください~18金のダイヤ付きの指輪を買取いたしました~

今回買取した18金ダイヤ付きの指輪

須賀質店五反田本店で18金ダイヤ付きの指輪を20,000円で買取いたしましたので、ご紹介させていただきます。

 

今回、須賀質店五反田本店で買取いたしました指輪ですが、18金素材の指輪の表面に、クロス型でダイヤが付いている、とても目を引くデザインの指輪でした。

 

一見すると、ブランドジュエリーのようにも見えましたが、ブランドジュエリーではなくノンブランドの指輪です。

 

査定方法としては使用されている「18金の重さ」×「買取した日の18金の買取価格」+「ダイヤの価格」=「買取金額」と言う、シンプルな査定となりました。

 

 

【 目次 】

☑ 買取査定|貴金属を査定する際に確認する事

 

☑注意|刻印が絶対に正しいわけではありません!

 

☑まとめ|創業100年の質屋がお客様のご来店をおまちしております!

買取査定|貴金属を査定する際に確認する事

今回買取致しました、ノンブランドジュエリーの買取の場合、使用されている金やプラチナなどの「貴金属の重さ」×「買取した日の貴金属の買取価格」にダイヤが付いている場合はダイヤを査定して買取金額に足していくと言う査定になります。

 

今回買取致しました指輪ですが、素材が18金、ダイヤは合計0.31ct(カラット)付いた重さ4.5gの指輪でしたが、重さは量ればすぐに確認できますが、指輪の素材とダイヤのカラット数(重さ)はどのようにして確認していったのでしょうか?

 

【刻印を確認すればダイヤのカラット数や使用されている素材が分かる?】

金やプラチナなどの貴金属を買取する際には、使用されている素材を表す刻印が入っているかを確認していきます。

 

貴金属品に使用される事が多い18金が使用されている場合、18金を表す「K18」や「750」など刻印が入っております。

 

そもそも、18金や14金と呼ばれる金は、金の純度を24分率で表したもので、数字の部分は金の含有率を表しています。

 

金は24分率の他に、1000分率で表すこともあり、18金の場合は「750」、14金の場合は「575」と刻印されます。

 

刻印の入っている位置は品物によって異なりますが、今回買取いたしました指輪の場合は、指輪内側に入っている事が多いです。

 

金の純度が高くなれば純金を表す「K24」や分かりやすく「純金」と刻印される事もあり、1gの買取価格も高くなっていきます。

 

プラチナが使用されている場合も同様でPt850やPt1000など刻印が入っており、プラチナの純度によって入っている買取価格が違いますので、貴金属品の買取査定では使用されている素材を表す刻印を確認するのです。

ダイヤやエメラルドやルビーなどの色石もほとんどの場合は、ダイヤや色石の重さを表す刻印が入っています。

 

1カラットの場合は「1.00ct」や、「D1.00」と言うよう刻印される事が多く、「1.00」と数字のみで刻印される場合もあります。

今回買取した18金ダイヤ付きの指輪

今回買取致しました指輪の場合ですが、少し見にくいかもしれませんが、指輪の内側に18金を表すK18の刻印と、ダイヤの合計のカラット数であるD.31(0.31ct)の刻印がありました。

 

指輪に限らず、貴金属を使用した品物の多くには刻印が入っていますので、専門的な知識がなくても、刻印を確認する事が出来れば、使用されている素材や、ダイヤや色石のカラット数を知る事が出来ます。
ただ、刻印も絶対に正しいわけではありません。

 

注意|刻印が絶対に正しいわけではありません!

貴金属品に入っている刻印は殆どの場合は正しいのですが、刻印通りではない事もあります。

 

詳しくご説明いたしますと、金の純度を表す刻印が入っていても、金の純度が違ったり、金ですらない事が、少なからずあると言う事です。

【金の純度が違う場合】

私たち貴金属を取り扱う人間も、刻印を必ず確認しますが、あくまで刻印は金の純度を調べるための手段の一つとして考え、刻印以外の金の色味や重さなど、実際に手に取り慎重に確認していくのです。

 

金の純度が違う金製品に多い刻印として、「あとK」と呼ばれる、主に海外製の金製品に見られる刻印があります。

 

「あとK」の刻印が入った金製品でも、きちんと刻印通りの純度の品物もありますが、含有量が少なかったりする事もあるため、とくに色味や重さなどの確認に慎重になります。

 

【悪意がある刻印には気を付けてください!】

「あとK」の刻印が入った品物などは、金の純度の違いはありますが、金製品であることに間違いはありません。

 

ですが、刻印が入っているにも関わらず、金でない品物の場合、100%購入する人を騙すこと前提で作られたとても悪質な品物と言えます。

 

もし、インターネットオークションなどで、金額が極端に安い金製品がありましたら、刻印の画像の掲載や、細かな詳細が記載してあっても、購入しない方が良いでと思います。

まとめ|創業100年の質屋がお客様のご来店をお待ちしております!

 

須賀質店では、今回買取させていただきましたダイヤ付き指輪でなく、純金カードやインゴットなども買取させていただいております。

 

ブランドジュエリーなどは、新品未使用品はもちろん、使用感があるお品物や、キズが目立つお品物、壊れてしまったお品物も、少しでも高く買取させていただくよう努めております。

 

また、須賀質店は創業100年以上の長い歴史を持つ老舗質屋として、査定についてお客様にご説明をさせていただき、納得していただいてから取引をさせていただいております。

 

今回買取させていただきました18金ダイヤ付きの指輪のような貴金属品としての買取の場合、お店によっては買取手数料が掛かる場合があります。

 

HPなどで、どのお店よりも高い買取価格を記載していても、実際行ってみたら買取手数料がかかり、他のお店のほうが良かったなんて事もあるかもしれません。

須賀質店では、他店に負けない貴金属買取金額の提示はもちろん、買取手数料も一切いただいておりませんのでご安心して貴金属品の買取をお任せください!

 

須賀質店ですが、五反田本店以外に、渋谷営業所、池袋営業所と都内3店舗で営業しており、いずれの店舗も駅から1分~5分程の場所にあります。

 

須賀質店をまだ利用された事のない方や、質屋自体利用した事が方にも安心して、気持ちよくご利用いただけるよう、笑顔の接客にも努めておりますので、初めて質屋を利用される方も安心したご来店ください。

 

 

最後に、須賀質店では、コロナウイルス対策として、以下の事を実施しておりますのでご紹介させていただきます。

〇入り口のドアを開け、室内換気。

〇お客様用のアルコール消毒液の設置。

〇机、椅子などは、お客様が使用したあと、その都度アルコール消毒。

〇従業員のマスクの着用

〇毎朝、従業員の体温を確認。

 

お客様のご来店、お問い合わせを心よりお待ち申し上げております。

 

ダイヤモンド付きリング買取事例←こちら

 

ミキモト パール付きリング買取事例←こちら

 

ガラス付きのノンブランドジュエリー買取事例←こちら

この記事を書いた人
F.T
主任
2017年より須賀質店で査定員として仕事を始めました。宝石、時計、ブランド品など質屋に持ち込まれる品物の知識のほかに、楽器の知識があるところが自分の強みです。 また、質屋を初めて利用するお客様はどうしても緊張してしまう方が多いのですが、お客様にリラックスしていただくよう、得意の笑顔での明るい接客に努めており、多くのお客様から「質屋の接客のイメージが変わりました」とお褒めの言葉をいただくことも多いです。