失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン、リポーターPMの買取

2018年12月6日

須賀質店渋谷営業所で、ルイヴィトン、モノグラム、リポーターPM、M45254型を買取いたしました。ルイヴィトンは大変人気の高いブランドで、特にバッグは流通量も多く、須賀質店でも見ない日は無いというほど持ち込まれています。

 

ブランドバッグの買取査定

 

街中を歩く人を見れば多くの人がバッグを持ち歩いていると思われます。数えてもキリが無いほどに溢れているバッグという商品の買取査定はどのように行っているのか解説いたします。

 

まず、100円均一で売っているようなバッグの買取は出来るのでしょうか。答えは出来ません。理由としては100均一のバッグは元々の定価が安いため、それを中古品で買う人がほとんどいないからです。ではどのようなバッグが中古品でも値段が付くのでしょうか。

 

それはブランド品であるという事です。高級ブランドのバッグであれば、そのブランドの商品であるという付加価値があるため、中古品としても欲しがる人が大勢いるので買取が出来るのです。また、定価が高額なブランドのバッグであっても中古品となった時にはかなり割安になっている事が多いので、手にしやすいというメリットもあります。

 

どのブランドの、どのようなバッグが幾ら位かというのは、中古品としての相場があります。須賀質店の買取査定では、インターネットを介して、その場で最新の相場が確認出来るようにしてあります。お持ち頂いたバッグの状態や、最新の相場を基にお値段を付けているのです。

 

ルイヴィトン、モノグラム、リポーターPMの買取

 

今回お持ち頂いた、ルイヴィトンのリポーターというバッグは、四角い形をした、ファスナーの開口部が2口あるタイプのショルダーバッグです。私の私見ではありますが、ルイヴィトンのバッグには使いやすさという点で優れている物が多いように思います。リポーターもシンプルなデザインと高い収納力で、大変使いやすいバッグではないでしょうか。使いやすさ等は商品の人気に繋がるポイントだと思います。

 

実際に持ち込まれたリポーターのバッグは、PMという小さめのサイズのお品物で、状態があまり良くありませんでした。ルイヴィトンのモノグラムラインでは持ち手やフチにヌメ革という革が使われています。この革は経年による変化が大きな点が特徴なので、今回のお品物もヤケという感じでかなり変化がありました。自分で持っている物であれば、この変化を味と感じると思いますが、中古品としては劣化という見方になってしまいます。

 

また、角に擦れがある等の欠点もあった事で状態としてはマイナスポイントが大きなお品物となりました。しかし、人気のあるルイヴィトンのバッグである事で、多少状態が悪くなってしまっていても高価査定で買取が可能であると判断いたしました。取引量の豊富な須賀質店ならではの判断です。須賀質店渋谷営業所で、20,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。