失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

シャネル マトラッセチェーンポシェットを買取

2019年2月21日

須賀質店五反田本店でシャネルのバッグを3万5千円で買取りました。こちらのバッグはマトラッセシリーズのチェーンポシェットになります。

チェーンポシェットの買取

 

シャネルの定番カラーといえば「ブラック」です

 

 

シャネルは1909年に創業しました。創業者はココ・シャネルで、フランス・パリに開いた帽子店が始まりです。

 

デザインも非常に魅力的でオシャレですが、シャネルの特徴として取り上げたいのは「カラー」です。今でこそシックでモードな雰囲気を作り出せる色として「ブラック」を取り入れたファッションは一般的ですが、当時は喪服の色としての認識でした。

 

その「ブラック」をファッションに取り入れて成功を収めたシャネルはラグジュアリー感と新しいことにチャレンジするアクティブなイメージがあり、現代の多様な社会でも存在感を示しているブランドです。

シャネルのイメージカラー

 

シャネル マトラッセチェーンポシェットの査定について

 

 

今回買取したシャネル マトラッセチェーンポシェットは、キルティングを模したデザインのチェーンショルダーポシェットです。状態はキズ、角のスレ、シミ汚れなどがみられ買取額3万5千円の査定となりました。

 

今回のお品物は付属品が無い状態での買取となりました。付属品は買取額に影響を与えるのか?今回のお品物に関して言えば影響はありませんでした。

 

シャネルのバッグやポーチの場合、箱や保管用の袋、ギャランティーカードが代表的な付属品です。お品物本体には、ギャランティーカードに記載されているシリアル番号が入ったシールが貼られています。

 

通常使用している場合はシールが剥がれてしまうことは少ないのですが、稀にこのシールが剥がれしまう場合もある様です。シールが無いから買取不可とはなりませんが、その場合は通常の査定額より低い査定になる事が多いので注意が必要です。

 

またシャネルのチェーンショルダーバッグは、ショルダー部分のレザーが切れたりして、メッキ金具のチェーンのみになってしまったお品物も稀にあります。この状態でも買取は可能ですが、通常の査定額と比べると低い金額になってしまいます。

 

その他ではバッグ類に共通した査定ポイントで、使用の際にキズが付きやすい角の状態、ハンドル部分やショルダーストラップの状態、チャームやカデナがついたお品物はその周辺のすれ傷、外側・内側の全体的な傷・汚れ、型崩れなどを確認して査定額を提示致します。

 

 

バッグ内部の状態

 

シャネル マトラッセチェーンポシェット買取についてのまとめ

 

 

今回の記事ではシャネル マトラッセチェーンポシェット買取について解説しました。チェーンポシェットはチェーンショルダーよりも小ぶりである為、荷物が少ない時に使用される事が多いのですが、小型のバッグ故にいつもの荷物をつい詰め込み過ぎてしまい、型崩れを起こさない様に注意するとよいでしょう。

 

シャネル マトラッセチェーンポシェットの買取額は、シールの有無と状態を総合的に判断して決めていきます。少しでも高く売却する為にはシールが剥がれない様に注意し、キズや型崩れ等を起こさない様に気を付けるとよいでしょう。

シャネルのチェーンウォレットの買取事例←はこちら

シャネルのバッグの買取相場←はこちら

シャネルの時計買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。