失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン 未使用のモノグラムジッピーウォレットM41896を買取

2019年3月4日

須賀質店渋谷営業所でルイヴィトンの財布を5万5千円で買取りました。こちらの財布はモノグラムラインのラウンドファスナータイプのお品物となります。

 

ルイヴィトンのモノグラムと日本の以外な関係

 

 

ルイヴィトンは1854年に創業したLVMHグループの中核企業です。当時は鞄店としてスタートし、旅行用トランクなどで人気を得て規模を拡大していきます。

 

定番の人気ラインではルイヴィトンのイメージを全面に出したモノグラムやダミエライン、一見すると気付かなくてもさりげなくルイヴィトンであることをアピールできるエピやタイガラインなど、ここには挙げきれないほどあります。

 

今回買取したお品物のラインは「モノグラム」です。創業から40年ほど経った1896年、モノグラムの初代となる「モノグラム・キャンバス」が誕生します。その後ルイヴィトンを代表するラインへと成長していくわけですが、「モノグラム」は日本の家紋の影響を受けていると言われています。1867年に開催されたパリ万博には日本から薩摩藩が参加しており、出展物中の島津家の家紋を参考にしたと言われています。

 

未使用品の財布の査定と今回の買取金額

 

 

今回買取した財布は未使用品で、状態がとても良く付属品も全て揃っていました。ルイヴィトンの未使用品はとても人気が高いお品物ですので、多少の無理をしてでも買取りたい財布でした。その為、今回は高額査定の5万5千円で買取させていただきました。

 

ルイヴィトンの未使用品は高額査定になる事を上で触れましたが、製造時期が新しい物は特に高額査定の可能性が高くなります。ルイヴィトンの財布にはシリアルが刻印されているのですが、「どこで製造されたものか」「いつ製造されたものか」を確認することができます。購入したお品物を売却するには様々な理由があると思いますが、「売ろう!」と思ったらなるべく早く行動したほうが良さそうですね。

 

今回の未使用品の様に状態が綺麗なお品物は勿論ですが、須賀質店では使用感があるお品物でも精一杯査定させていただきます。時にはお値段をお付けする事が難しいお品物もありますが、少しでも気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

須賀質店のシステム

 

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合は一度お問い合わせ下さい。

 

創業大正9年の須賀質店は、長年積み重ねてきた実績と確かなサービスをご提供いたします。ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動します。須賀質店では厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが、最新の相場を反映した独自の相場検索システムを駆使してその日最も高い査定金額を提示します。五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。