失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

五反田でエルメス、ケリーバッグを高価買取 

2019年7月29日

エルメス ケリー 買取

須賀質店五反田本店で、エルメス、ケリー32のバッグを買取いたしました。エルメスのバッグは、同じ名前の商品であっても、素材や大きさ、さらに色の違いがあるため、実に千差万別で全く同じ物というのはあまり無いのです。お持ちいただいた商品の買取はその時々に応じた判断、金額での買取となっています。

 

今回は、ケリー32、外縫い、トゴ素材、□I刻印のお品物の買取です。32にというのはバッグのサイズで、横幅が32cmのケリーをケリー32と呼びます。

 

さらに、ケリーにはフォーマル向きの外縫いと、カジュアル向きの内縫いがあり、今回は外縫いのお品物でした。

 

トゴというのは、上質な牛革でエルメスではオーソドックスな素材の一つです。□Iとは、この刻印で製造年が分かるようになっていて、これは2005年を表しています。

 

エルメス、ケリーバッグの買取

 

エルメスの商品の中でも、その名前の由来も含めて世界中で知られているのは、バーキンとケリーの2つではないでしょうか。元ハリウッド女優で、モナコ公国の公妃となったグレース・ケリーがパパラッチに追われ写真を撮られて際に、妊娠中のお腹を隠すように掲げていたのがこのバッグでした。

 

エルメスのハンドバッグの買取

エルメスのバーキンとケリーは、女性の憧れるバッグの代表として君臨し続けているバッグです。当然中古品としての相場も高く、他のブランドのバッグと比べると、考えられないような高額なお取引となります。

 

新品未使用の物であれば、買取金額で3ケタ、百万円を越える金額となる事があります。今回は2005年の製造で、十年以上経過しているため、新品ではありませんでしたが、それでも数十万円の買取となるのがケリーというエルメスの人気商品なのです。

 

お持ちいただいたケリー32の状態は、決して悪くはありませんでしたが、新品時のようなハリが無く、全体的にくたっとしてしまっていました。素材の劣化というような原因では無く、型崩れというような状態です。

 

キズや汚れ等が無く、買ってから一度も使っていないようなバッグであったとしても、仕舞い方によっては型崩れが酷くなってしまう事があります。使っていないバッグであっても、寧ろ使っていないからこそ仕舞い方に気をつけないと型崩れの原因になってしまうのです。

エルメス 買取 型崩れ

形が崩れてしまってはいるものの、キズや汚れはほとんど無く、2005年、14年も前に作られた物にしてはキレイな状態であったと言えると思います。

 

同じ位の年代のケリーとしては、高額な買取となりました。須賀質店五反田本店で、500,000円で買取いたしました。

 

質屋の買取、質預かりとまとめ

 

バーキン、ケリーといったエルメスのバッグの買取は、金額が高額になりやすい商品です。定価が高いという事もあるかもしれませんが、やはり女性に絶大な人気を誇っているブランドです。

 

エルメスのバーキンやケリーをお持ちいただければ、高価査定で買取をいたしますので、是非須賀質店へお越しください。

 

今回は五反田本店での買取のご紹介でしたが、渋谷営業所でも池袋営業所で変わらぬ高価査定をさせていただきます。

 

エルメス、他のケリーの買取事例←はこちら

エルメス、スカーフの買取事例←はこちら

エルメスのバッグの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。