失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

五反田でエルメス、ケリーバッグの買取 

2019年7月29日

須賀質店五反田本店で、エルメス、ケリー32のバッグを買取いたしました。エルメスのバッグは、同じ名前の商品であっても、素材や大きさ、さらに色の違いがあるため、実に千差万別で全く同じ物というのはあまり無いのです。お持ちいただいた商品の買取はその時々に応じた判断、金額での買取となっています。

 

今回は、ケリー32、外縫い、トゴ素材、□I刻印のお品物の買取です。32にというのはバッグのサイズで、横幅が32cmのケリーをケリー32と呼びます。

 

さらに、ケリーにはフォーマル向きの外縫いと、カジュアル向きの内縫いがあり、今回は外縫いのお品物でした。

 

トゴというのは、上質な牛革でエルメスではオーソドックスな素材の一つです。□Iとは、この刻印で製造年が分かるようになっていて、これは2005年を表しています。

 

エルメス、ケリーバッグの買取

 

エルメスの商品の中でも、その名前の由来も含めて世界中で知られているのは、バーキンとケリーの2つではないでしょうか。元ハリウッド女優で、モナコ公国の公妃となったグレース・ケリーがパパラッチに追われ写真を撮られて際に、妊娠中のお腹を隠すように掲げていたのがこのバッグでした。

 

エルメスのバーキンとケリーは、女性の憧れるバッグの代表として君臨し続けているバッグです。当然中古品としての相場も高く、他のブランドのバッグと比べると、考えられないような高額なお取引となります。

 

新品未使用の物であれば、買取金額で3ケタ、百万円を越える金額となる事があります。今回は2005年の製造で、十年以上経過しているため、新品ではありませんでしたが、それでも数十万円の買取となるのがケリーというエルメスの人気商品なのです。

 

お持ちいただいたケリー32の状態は、決して悪くはありませんでしたが、新品時のようなハリが無く、全体的にくたっとしてしまっていました。素材の劣化というような原因では無く、型崩れというような状態です。

 

キズや汚れ等が無く、買ってから一度も使っていないようなバッグであったとしても、仕舞い方によっては型崩れが酷くなってしまう事があります。使っていないバッグであっても、寧ろ使っていないからこそ仕舞い方に気をつけないと型崩れの原因になってしまうのです。

形が崩れてしまってはいるものの、キズや汚れはほとんど無く、2005年、14年も前に作られた物にしてはキレイな状態であったと言えると思います。

 

同じ位の年代のケリーとしては、高額な買取となりました。須賀質店五反田本店で、500,000円で買取いたしました。

 

質屋の買取、質預かりとまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR

 

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。