失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

グッチ、PVC、バッグの買取

2019年8月28日

須賀質店池袋営業所で、181485型という、PVC加工されたグッチのハンドバッグを買取いたしました。PVCはポリ塩化ビニルの事で、一般的にビニールと言うとこのポリ塩化ビニルを指します。しかし、スーパーやコンビニ等使われるビニール袋は、実はポリエチレン等の材料である事が多く、ビニールは使われていない製品がほとんどだったりします。

 

キャンバス地、つまり布地をPVCで加工する事により、耐水性や強度をプラスして作られているのが、今回お持ちいただいたグッチのバッグです。

 

グッチ、PVC加工のハンドバッグの買取

 

今回買取でお持ちいただいたグッチのバッグは、形で言えばボストンバッグと呼ばれる物ですが、その呼びのイメージでは旅行用の大きなバッグを想像すると思います。お持ちいただいたのは、旅行用の大きなバッグでは無く、普段使い用の小さなハンドバッグ、ミニボストンと呼ばれるようなお品物です。

 

グッチを象徴するGG柄が全面に施された、定番のデザインのお品物でした。

 

それなりに使い込まれている事が見て取れ、角が擦れている、糸が解れている箇所があるといった状態でお持ちいただきました。どんなお品物の買取でもそうですが、状態が悪ければそれだけ買取査定に影響が出てしまいます。バッグや財布といった商品では、特に状態によって金額に差の出やすいお品物となります。

 

以上のような理由もあり、今回の買取は数千円のお値段となりましたが、グッチのバッグの全てがこのような買取金額になるわけではありません。高級ブランドであるため、当然数万円での買取となるお品物も多数あります。

 

今回の買取も、お品物の種類や状態を考えると頑張った金額を付けさせていただいていると思います。須賀質店池袋営業所で、グッチのPVC加工バッグを、3,000円で買取いたしました。

 

お品物の状態や種類、ブランドによっては買取の難しい商品も多数あります。元々があまり高値では無い商品や、ボロボロになりすぎてしまっている商品がそうです。須賀質店では、出来うる限りはお値段をお付けするようしておりますので、是非バッグの買取で須賀質店をご利用ください。

 

グッチ、PVC加工のバッグの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。この記事の執筆者:MR

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。