失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ホワイトゴールドのピアスの買取

2019年3月4日

須賀質店五反田本店で、18金、ダイヤモンド付きのピアスを買取いたしました。ダイヤモンドは左右それぞれ0.3ctで、重さは合わせて0.8gでした。

 

ジュエリー、ピアスの買取

 

金製品には、金であるという保証の意味もあって金の含有率が分かるように刻印を打ってあるものです。今回お持ち頂いたピアスには、K18WGという刻印が入っていました。これは18金のホワイトゴールドであるという意味なのですが、実際のお品物の色を見ると、ホワイトゴールドの色ではなく、イエローゴールドの色をしていました。

 

この刻印は嘘である、または間違っているというような事なのでしょうか。そうであれば、金であるかどうかも怪しくなってしまうので買取をする事は出来なくなってしまいます。

 

しかし、このお品物は問題無くお値段をお付けしているので、須賀質店では金とダイヤモンドであると確信して買取をしております。

 

ではどういう事なのでしょうか。実はホワイトゴールドというのは、合金だけでは金の元々の色が強く出てしまうため、黄色味を帯びた金本来の色とあまり大きくは違わないのです。そこに銀色の貴金属でメッキ加工をする事で、プラチナの代用品として使われるようになったホワイトゴールドらしい色にしているのです。そのため、使い込んでいるうちにメッキが剥げてきてしまい、地の色である本来の金に近い色が出てきてしまっているのです。

 

これは、貴金属のジュエリー等を扱う人間であれば当然知っている事なのですが、あまり大きなお品物ではないため、怪しんだ段階で無理をしないで断ってしまおうと考える業者も多いと思います。

 

須賀質店のスタッフは、これらの知識を持っていることもそうですが、日頃から買取査定をしている自分の目を信じる事が出来るので、自信をもってお値段をお付けしているのです。

 

今回のピアスに関して言うと、金以外にもダイヤモンドにお値段をお付けする事が出来ました。それぞれ0.3ctという大きさのダイヤモンドではありますが、一つ大きな難点がありました。それは、ダイヤモンドに穴を開けて留めているという事です。

 

ダイヤモンドにお値段を付けるには、大きさだけではなく、そのスペックが重要なのです。その上で、穴を開けるというのは大きな減点となってしまいます。

 

金の重さはあまりなく、ダイヤモンドにも穴が開いてるという事で、高価査定は難しかったのですが、なんとか大台に乗せて買取いたしました。須賀質店五反田本店で、10,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。