失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエの指輪の買取

2019年4月16日

須賀質店五反田本店で、カルティエのC2リングを買取いたしました。素材は、18金のホワイトゴールドで、元々プラチナの代用品として使われるようになったホワイトゴールドですが、金の方が高い現在の相場では、プラチナの代用品としては意味があまりありません。同じシルバーの色ですが、プラチナとは違った素材として、ホワイトゴールドも認知されてきたという事ではないでしょうか。

 

カルティエのC2リング買取

 

ブランドジュエリー、カルティエのC2リングの買取です。ブランドジュエリーの買取の場合は、金やダイヤモンドにお値段を付けているのではなく、そのブランドの製品としてのお値段をお付けしています。

 

今回は、ホワイトゴールドのC2リングで、ダイヤモンド付きのお品物でした。ブランドジュエリーの場合、同じお品物であってもダイヤモンドが付いているのか否かで金額が大きく変わります。C2リングのように小さな指輪に付いているダイヤモンドを、ダイヤモンドとしての買取価格で見た時にはあまり高値は付きません。しかし、カルティエという名前が乗っかる事で、ダイヤモンド付きとそうでない物で、買取金額は数万円も違うのです。これがノンブランドのジュエリーであれば、数千円の価格差になっていたと思われます。製品として買取をするという事は、このような高価査定に繋がるのです。

 

買取をする際には、決められた方法があり、それにそって買取らなければいけないというような決まりはありません。つまり、それを行う業者によって価格を付ける根拠が異なっていることはあり得るのです。今回の指輪も、製品としては見ないで、金の価格での買取とするならば、10,000円ほどの買取金額を付ける所があってもおかしくはありません。

 

しかし、須賀質店ではしっかりとブランドジュエリーとしてのお値段をお付けいたしました。ブランドジュエリーとしてのお値段を付けないのであれば、ダイヤモンド付きのお品物であっても金額に大差はありません。カルティエのブランドジュエリーとしての金額をお付けしているからこそ、高価査定での買取となっております。須賀質店五反田本店で、50,000円で買取いたしました。ダイヤモンドが付いていない商品であれば、買取価格は20,000円でした。製品として見たからこそ50,000円という高値での買取となったのです。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。