失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金ノンブランドジュエリーを高価買取

2019年10月23日

 

須賀質店 渋谷営業所で18金(K18WG)のダイヤモンド付きネックレスを買取しました。

 

本ページでは、ノンブランドジュエリーの査定について掲載します。

 

ノンブランドジュエリーの買取査定

 

ブランドジュエリーと言えば、ハリーウィンストン、カルティエ、ヴァンクリーフ&アーペルなど多数ありますが、今回は“ノンブランド”のジュエリーをお持ちいただきました。

 

ノンブランドジュエリーはどのように査定されるのでしょうか。

 

ノンブランドジュエリーは基本的に、素材の金やプラチナなどの貴金属の値段+ダイヤモンドなどの宝石の値段になる場合がほとんどです。

 

反対にブランドジュエリーは、そのブランドの付加価値が付くため、ノンブランドジュエリーより査定が高くなることがほとんどです。

 

ジュエリーは中古となった場合、どちらも買った値段、即ち定価より査定額が下がってしまうことが多いですが、ノンブランドジュエリーの方がその差異が大きくなる傾向にあります。

 

「買った時は〇〇万円だったのに…」と落胆するお客様を何度も見てきました…

 

特にノンブランドジュエリーはその落差が激しく、私たちも心苦しいですが、これが現実なのです。

しかし、須賀質店は他店に負けない価格をご提示します!

 

金やプラチナなどの価格は他店に比べても高い水準を維持しています。もし、他店で査定し納得いかなかったら、是非須賀質店にご来店ください。

 

今回のネックレスの査定

 

さて、上記でノンブランドジュエリーの査定方法についてお話しましたが、実際に今回のネックレスはどのように査定され、いくらになったのでしょうか。

 

まず、今回のネックレスの素材は18金のホワイトゴールドでした。

ホワイトゴールドはイエローゴールド、つまり金色の金の上に、プラチナのような輝きを放つ塗料を塗り、加工しているものです。

 

色は金本来の色ではありませんが、中は金で間違いないので価格は変わりません。

 

今回のネックレスは全体で約20gあり、本日の18金の買取価格で約80,000円になります。

 

そして次にネックレスについているダイヤモンドの査定になります。

今回のダイヤモンドは、一粒石ではなく、小さなダイヤモンドが複数付いている、いわゆるメレダイヤというものです。

 

例えば、一粒で1.0ctあるダイヤモンドと、いくつかを合計して1.0ctになるメレダイヤでは価格は大きく違ってきます。

 

そして今回は後者であり、しかもどのくらい付いているかの刻印がなく、ダイヤモンドの量を知ることができませんでした。

 

ですので、今回はおおよそのキャラットを算出し、それをもとに査定をしました。

 

今回、ダイヤモンドには20,000円を付けることができました。

 

今回の査定の結果として、素材の18金の80,000円+ダイヤモンドの値段20,000円を合計した、100,000円の買取となりました。

 

金・プラチナ高価査定!

 

須賀質店では金・プラチナの質入れ・買取を強化中です。

 

タンスの奥に仕舞ったままの指輪やネックレスを是非お持ちください!査定料・手数料などは一切かかりませんので、「売ったらいくらくらいになるのかな」と思われたらお気軽にお持ちください!

 

お客様の大切なお品物をしっかりと査定させていただきます。

 

↓↓須賀質店の金の相場↓↓

https://www.sugashichiya.com/satei/gold/

↓↓須賀質店のプラチナ相場↓↓

https://www.sugashichiya.com/satei/platinum/

 

東京・五反田の質屋

 

須賀質店は東京・五反田に店舗をかまえ約100年が経ちました。

 

現在は東京都内で五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3店舗をかまえ、多くのお客様にご利用いただいています。

 

須賀質店ではロレックスやオメガなどの時計、貴金属、ハリーウィンストンやカルティエなどのジュエリー、ルイヴィトンやエルメスなどのブランドバッグなどはもちろん、現代人には必須アイテムとなっているスマートフォン(iPhone)やパソコン(MacBook)などの電子機器の質入れ・買取も行っております。

 

仕事が忙しくて休日しか来店できないという方は、お電話での問い合わせやLINE査定をぜひご利用ください。

 

お品物の名前や型番などをお教えいただければ、ご参考程度ではありますが、査定金額を提示させていただきます。

 

業界最低水準の金利や長い歴史で培ってきた信頼とスキルで、お客様に満足のいく査定をさせていただきます。

 

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。

 

この記事の執筆者SK