失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

0.1ct程度のダイヤモンドの高価買取

2020年4月13日

ダイヤモンドの買取須賀質店渋谷営業所で、ダイヤモンドの買取をいたしました。金やプラチナといった、宝飾品、宝石、貴金属と同じ買取査定のジャンルにはなりますが、大きな違いがあります。金やプラチナの場合は、値段を付けるに必要なのは、純度と重さであり、見て重さを量って計算する。各業者によって金の買取価格が違うため、値段は違ってきますが、見る所と判断する基準はどこの業者でも大きな差は無いと思います。

 

しかし、ダイヤモンドの場合、値段を決める一番の要素はそのスペックであるため、ダイヤモンドの質を見抜く目が必要となり、誰が見ても同じ査定にはなりません。より高値を付けるためには、より正確に質を見極める事が必要なのです。

 

ダイヤモンドの買取

 

ダイヤモンドの買取と言っても、そのほとんどは指輪やネックレス等のジュエリーに付いている物の事です。これも金やプラチナと違う点ではありますが、金やプラチナであれば投資目的、現物資産としてインゴッドや金貨といった形で金、プラチナを持っている方も多いと思います。しかし、ダイヤモンドに関しては投資目的等、ダイヤモンド単体でお持ちの方は少ないと思います。

 

おそらく、質の違いで値段が大きく違うため、ある程度価値が保証されている物であるとは思いますが、質を見極めるのが難しく、広く一般的な投資対象とするには向いていないのでしょう。

 

話が少し反れてしまいましたが、今回のダイヤモンドの買取についてです。お持ちいただいたのは単体では無く、指輪に付いていました。

 

ダイヤモンド一粒としてはあまり大きな個体では無く、高額で取引される事の多いダイヤモンドであるとは言え、このサイズではあまり高額な金額とはならない事がほとんどです。

 

むしろ、ダイヤモンド単体で見ると、ほとんど値段を付ける事が出来ない大きさであったと言えます。

 

しかし、実物を見てみるとかなり質の良いダイヤモンドである事が分かりました。

 

指輪に付いているこのサイズのダイヤモンドであれば、買取査定の時に流れでダイヤモンドを0円にしてしまい、貴金属の値段だけで金額を出す業者も多いと思います。

 

しかし、須賀質店の買取査定では小さなダイヤモンド一粒であっても手を抜いたりはしません。しっかり査定をしてダイヤモンドにも値を付けて買取をしています。

 

須賀質店渋谷営業所で、5,000円で買取いたしました。

 

ダイヤモンドの買取ちなみに、ダイヤモンドのスペックは0.148ct、E、VS-2、Exとなっています。これは買取後に専門の機関で確認をした結果となっています。

 

ダイヤモンドの買取を通してのまとめ

 

 

ダイヤモンドに限らず、宝石の買取というのはその質によって値段が全然違います。当然大きな個体の方が希少であり、高値が付くものですが、大きければ良いわけではありませんし、小さければイコールでダメとういうわけでもありません。

 

今回ご紹介の、一粒で0.148ctというのあまり大きく無い、むしろ小さな個体であると言えるでしょう。

 

しかし、質、スペックが良かったため、高価査定となりました。さすがに、0.148ctでは何万円、何十万円という金額にはなりませんが、それでも5,000円で買取をする事が出来ました。

 

これを、0.148ctという大きさだけで見てそのまま値を付けずに、金額を案内する業者というのもよくいると思います。今回は5,000円の違いではありますが、お時間があるようでしたら、少しでも高値を付けてくれる業者を探してみると良いかもしれません。

 

これは、ダイヤモンドの買取査定に限った事ではないので、様々な商品の買取査定を須賀質店にお任せいただければと思います。

 

 

 

 

 

ダイヤモンドの他の買取事例←はこちら

ダイヤモンド4Cの解説←はこちら

ダイヤモンドの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。