失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックス、デイトジャスト、126334型の買取

2018年11月24日

須賀質店五反田本店で、ロレックス、デイトジャスト41、126334型の時計を買取いたしました。箱とギャランティーカードを一緒にお持ちいただいているので、一式揃った状態での買取となりました。

 

ロレックス、デイトジャスト

 

ロレックスの中でも、素材や文字盤の色等のバリエーションが最も豊富なモデルがデイトジャストではないでしょうか。現行品の新しい物や、古い物、型番のパターンも豊富にあります。デイトジャストのメンズサイズは現行品では2つのサイズが展開されていて、デイトジャスト41とデイトジャスト36、それぞれ大きさが41mmと36mmの時計です。

 

時計の大きさを何センチと表示する場合、それは時計本体のケースと呼ばれる部分の大きさで、リューズを含まない横幅を指しています。

 

この41mmと大きなサイズのデイトジャストは、デイトジャストⅡという名前で一度登場したのですが、Ⅱという名称は僅かな間に作られた1163○○という型番のみで終わってしまい、現在ではデイトジャスト41という名前でロレックスの公式サイトにも掲載されていて、型番は1263○○となっています。

 

以前からのメンズサイズのデイトジャストと同じ36mmは、少し前から型番が新しくなってはいませんが、1162○○というのが現行の型番となっています。

 

型番の○○の部分は、デザインの違いや素材の違いで変わるようになっています。

 

126334型のデイトジャストの買取

 

今回お持ちいただいたのは、現行品のデイトジャストのサイズの大きな41mmのタイプの時計です。型番の最後の数字が4番なのは、素材がステンレスとホワイトゴールドのコンビである事を指しています。

 

ロレックスの買取査定では、保証書やギャランティーカードの有無が大きく関わってきます。以前は紙の保証書であったのが、現在はカードタイプのギャランティーカードになっているのです。世界中にファンの多いロレックスはその時計だけでは無く、ギャランティーカード等を含めて欲しがる方が多いからです。現行品ではそこまで大きくお値段は変わりませんが、アンティークと呼ばれる古い物では数十万円以上の価格差になる事もあるのです。

 

現行品の新しい物であるという事もありますが、時計の状態は非常に良好で、ほとんど使用していないとの事でした。中古品の未使用品として見るためには、ただ使用していないというだけでは無く、いくつかの条件がありそれには当てはまりませんでしたが、すこぶる状態の良い物として高価査定で買取いたしました。須賀質店五反田本店で、750,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。