失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

アクアテラ2517.50型黒文字盤を買取

2019年2月1日

須賀質店五反田本店でオメガの時計を5万円で買い取りました。こちらの時計はオメガのシーマスター・アクアテラというシリーズの時計になります。

オメガ2517.50を買取

 

なぜオメガのシーマスターは高価買取が可能なのかを須賀質店が解説します

 

 

今回買取したオメガのシーマスター・アクアテラの現行品メンズモデルは、「マスターコーアクシャル」という磁気にとても強い自動巻きのムーブメントを備えて機能性が高く、外観も高級感があり人気があります。

 

シーマスターシリーズはアクアテラ以外にも多くのラインが有ります。長らくボンドウォッチとして君臨し昨年リニューアルされた「ダイバー300」、600メートル防水ながら3連ブレスでスーツにも合わせられる「プラネットオーシャン」、007の前作でボンドウォッチに採用されたクラシカルな「シーマスター300」、深海の水圧にも耐えられる120気圧防水の「プロプロフ」、鉄道員の為に開発され現在ではシーマスターシリーズに加わっている「レイルマスター」・・・それぞれに魅力がありどのアイテムも中古市場で人気が高いです。

 

シーマスター人気の理由で大きいのは「007=ジェームズ・ボンド」との関係です。1995年に公開された映画「ゴールデンアイ」からボンドの腕時計はシーマスターになりました。言うまでもなく007シリーズは大人気シリーズなので、映画を観てボンドに憧れた男性がシーマスターを買い求めていると思います。

 

オメガのシーマスターはブランドの認知度が高く、機能的な時計なのに価格が抑え目という評価あります。この様な「良い時計がお買い得である」というイメージからも、中古でも需要が高く高価買取が可能になっているのでしょう。

シーマスターの中古市場での評価

 

今回のアクアテラ2517.50型黒文字盤の査定について

 

 

今回買い取りしたシーマスター・アクアテラは、付属品が無い状態でしたが買取5万円査定となりました。

 

アクアテラの査定ポイントは、壊れていないか、全体の使用感(キズや風防の欠けなどがないか)、ブレスレットが伸びていないかなどを確認していきます。また今回買取したクォーツ(電池)式の場合は、電池が切れていないかも重要なポイントです。査定時に電池切れの状態だと、店頭では電池切れか故障なのか判断が出来ないので、通常の査定額から修理代を引いた金額の提示になってしまうので注意が必要です。

 

アクアテラはシーマスターシリーズに属しており、ドレッシーな装いとは裏腹に150m防水(新品時)のダイバーズウォッチでもあります。防水性が高い時計はついついラフに扱ってしまい、キズやガラス欠けなどのトラブルが多いです。

 

更に海水浴などに使用した後、メンテナンスを怠ると内部に海水が侵入し針がサビたりすることもあります。特にクォーツウォッチはメンテナンスを怠りがちですが、適切なメンテナンスをしていないと故障のリスクが高くなります。

 

故障した時計も須賀質店では買取しておりますが、やはり高額査定を目指すには状態がよく壊れていない事が前提となります。アクアテラなどダイバーズウォッチの売却をご検討中のお客様は参考になさってみて下さい。

須賀質店での査定について

 

オメガ(取扱い品目一覧)←こちら

スピードマスターの買取事例←こちら

シーマスターの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。