失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ウブロ、301.SB.131.RX型の買取

2019年2月14日

須賀質店渋谷営業所で、ウブロ、ビッグバン、301.SB.131.RX型の時計を買取いたしました。お持ちいただいたのは、ステンレス素材のケースにセラミックのベゼル、ウブロの特徴であるラバーベルトのお品物です。

 

ウブロの時計

 

1980年の創業のウブロは、時計業界では比較的新しいブランドです。創業時から現在まで変わらないウブロの特徴は、高級時計にラバーのベルトを使用している点です。

 

ウブロが登場する以前は、金やプラチナ、ステンレスのケースにラバーベルトを組み合わせる事はありませんでした。現在でも大半の高級時計はそうなっていますが、同じような金属のブレスレットであるか革のベルトを付けるものです。ウブロがラバーベルトの時計を発表した直後は、スイスの時計業界からは異端視されていましたが、ヨーロッパのファッションン業界を中心に人気が高まっていきました。

 

しかし、機械式の時計を作らずクォーツのみで展開していた事や、時計のバリエーションがあまり無かった事等の様々な理由で、2000年頃に経営難に陥ってしまいました。

経営を立て直すべく2004年に就任したCEOのジャン=クロード・ビバーによって、異なる素材を組み合わせる、融合をコンセプトにしたビッグバンシリーズが発表されました。当時のデカ厚と呼ばれる時計のブームと共に、ウブロは人気を取り戻し、ビッグバンはウブロを代表するモデルとなったのです。

 

ウブロ、ビッグバンの買取

 

今回お持ち頂いたのは、301.SB.131.RX型という型番のビッグバンで、ケースの基本素材はステンレス、ベゼルにはセラミックを使用したモデルでした。時計の機能としては、時刻、日付の他にクロノグラフが搭載されています。クロノグラフとは、ストップウォッチ機能の事で、複雑機構と呼ばれるものの一つです。ウブロの時計には、このクロノグラフが搭載されたモデルが多くなっています。

 

買取査定をする際に、中古品市場の相場を基にお値段を決定していきます。同じ時計であっても、1年前と今、今と10年後、早ければ1ヶ月後でも、時計の価格が大きく変動している可能性があるのです。特にウブロは、デカ厚という時計のブームに乗ったという点が大きく作用していたので、その当時に一気に人気となりました。そのため、ブームが落ち着いてしまえば、中古品市場でも下落する可能性がありました。

 

須賀質店では、日々相場を確認する事で、その時々にあった査定金額を提示しています。ウブロに関しては、デカ厚のブームの後に確かに中古品市場の値も下がったのですが、確かな人気を獲得したようで、大暴落とまではいかず、価格も持ち直しています。この持ち直したという情報を反映させれなければ、ウブロの高価査定は出来ないのです。須賀質店渋谷営業所で、650,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。