失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

アショーマの買取、AA48SCH

2019年4月15日

須賀質店渋谷営業所で、ブルガリ、アショーマの時計を買取いたしました。ブルガリは、イタリアで高級宝飾品ブランドとしてスタートし、香水やレザー製品等様々な商品を手がけるブランドとなりました。ブランドそのものは1884年に宝飾品店としてスタートしていますが、1970年代からは時計の製造を開始していて、高級時計の分野でも、人気のあるブランドとなっています。

 

ブルガリ、アショーマの買取、AA48SCH型

 

ブルガリの時計は個性的なデザインの物が多く、今回の買取のアショーマは他のブランドではあまり見かける事のない形をしています。丸のラウンド型と四角のスクエア型を掛け合わせたようになっていて、正面から見た時に、本体の左右は直線を、上下は曲線をえがいています。

 

ブルガリの時計は、型番を見るだけでもどのような時計なのかが分かる商品が多く、AA48で、アショーマのケースサイズ48mmのである事が分かります。また、型番にCHが付くのは、基本的にクロノグラフを搭載したモデルとなっています。

 

つまり、今回お持ちいただいたのは、アショーマの48mmメンズサイスで、クロノグラフ搭載モデルとなっています。素材がステンレスである事も、型番のSで判断する事が出来るようになっています。

 

同じAA48SCH型のアショーマであっても買取価格に違いがあるのをご存知でしょうか。

 

状態の良し悪しや故障の有無といった話では無く、型番同じはなのですが、一部のデザインの違いで新型と旧型があるのです。買取価格に大きく関わるポイントで挙げると、文字盤のデザインが途中で大きく変更になり、フチが白くなっているのが新型のタイップです。ブレスレットの仕上げ方にも新旧はありますが、その点だけでは買取価格にはあまり違いはありません。

 

アショーマやAA48SCH型という事だけを見ていると高価査定の出来ないお品物なのです。今回のお品物は新型であったため、そこを見落とす事無く、買取査定に反映させた金額で買取いたしました。

 

実は、AA48SCH型のアショーマは、中古品の相場が少し下がってきてしまっているようです。どんどん新しい商品が登場する事も原因にあると思いますが、数年前と比べると今回の買取査定も数万円下がっています。須賀質店渋谷営業所で、230,000円で買取いたしました。

 

もしも、今回の査定を旧型のAA48SCH型と混同した金額を出してしまえば、買取金額は20万円という大台には届きませんでした。細かなところを見てしっかりと買取査定をした結果が今回の23万円という金額なのです。

 

まとめ

 

お品物に対する正確な知識を持っていないと、買取査定をする事は出来ません。知識が無いという事は、その商品がどんな物で、いくらで買取る事が出来るのか分からず、弱気な買取査定になってしまうからです。その点、大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗でも、100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。