失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

シャネル 黒色のJ12クロノグラフつき時計を買取

2019年5月31日

須賀質店渋谷営業所でシャネルの時計を24万円で買い取りました。こちらの時計はJ12というシリーズのクロノグラフつきモデルで、セラミック素材を用いた腕時計です。

J12クロノを買取

腕時計にはステンレススチール(SS)が使われている事が多いです。SSは錆び難い事が一番の利点として腕時計に用いられていますが、そのSSよりも軽くて金属アレルギーの不安も少なくなるチタンも使用するモデルが増えてきています。

 

他にはその重量感と煌びやかさで素材自体にも価値があるゴールドやプラチナ、今回買取したJ12に用いられているセラミックなど異素材や新素材などを用いるメーカーも多くなってきています。

 

 

J12はシャネルが満を持して発売した傑作時計

 

J12は2000年に発表されたモデルで、ケースとブレスレットにはセラミックが使われています。カラーはシャネルのブランドカラーともいえる「黒」と「白」の2色展開(後にグレーもラインナップに加わります)で、セラミック特有の美しい輝きはラグジュアリーブランドのシャネルらしい時計です。実は商品化までに7年の歳月を有したと言われており、「J12」という時計にかけたシャネルの意気込みが伝わりますね。

 

J12発売以前のシャネルはレディースラインの腕時計しかありませんでしたが、J12でシャネル初のメンズ対象となる腕時計を発売した事になります。セラミック素材、自動巻きムーブメント、防水性の確保など多くの要素を取り入れた旗艦モデルで、発売から瞬く間に世界中で人気モデルとなりました。日本でも芸能人やスポーツ選手などが着用しているシーンを数多く見かけ、日本国内でも人気の高さが感じられます。

 

3針モデル、今回買取したクロノグラフ付きモデル、インデックスや文字盤などにダイヤモンドがセッティングされたモデル、クォーツ式、自動巻き式、カラーは白・黒・グレー・・・と自分の好みに合った時計を選ぶ事ができますね。

J12の種類

 

J12などの機械式時計の査定について

 

 

今回買取したJ12はムーブメントが自動巻きのお品物でした。自動巻き等の機械式腕時計の場合は、1日にどれくらい時間のズレが生じるかを専用の機械で確認します。余りに大きく時間がズレたり、測定不能な場合は故障扱いとなり通常の査定額からマイナスとなります。またパーツ交換が必要な状態(ガラスがカケたり割れている、ブレスレットやバックルが壊れている、リューズが抜けているなど)のお品物や、故障している場合もマイナスとなります。

タイムグラファー

最後に、J12の特徴でもあるセラミック素材は、擦りキズが付きにくい特徴がありますが、ぶつけてしまった際などに欠けてしまうことがあるので取扱いには注意が必要です。

 

 

シャネル 黒色のJ12クロノグラフつき買取についてのまとめ

 

今回の記事ではシャネル 黒色のJ12クロノグラフつき時計の買取について解説しました。J12は機能やカラーによって大変豊富な種類となっております。自動巻きorクォーツ、3針orクロノグラフ、ダイヤ付きorダイヤなし・・・とそれぞれ相場が異なりますので、シャネルのJ12売却をご検討中のお客様はお気軽に須賀質店までお問い合わせ下さい。

 

 

シャネルのJ12時計の買取事例←はこちら

シャネルのJ12などの時計の買取相場←はこちら

シャネルのバッグ買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。