失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

シャネル、J12、クロノグラフの白セラミックを高価買取

2020年3月19日

シャネル、J12、H1007の買取須賀質店池袋営業所で、シャネル、J12、H1007、クロノグラフの時計を買取いたしました。高級ブランドの多くが、様々な商品を販売しているため、総合的なファッションブランドというイメージがあります。しかし、最初に販売を始めたジャンル、商品があり、主力としている商品があるため、どのブランドでもイメージの強い商品というものがあると思います。

 

例えば、ルイヴィトンとエルメスであればバッグや財布、カルティエであればジュエリーのイメージが強いのではないでしょうか。

 

ではシャネルは何でしょう。創業時は帽子の専門店であり、女性用のドレスで爆発的な人気を得て、香水を思い浮かべる方も多いと思います。シャネルは他のブランドと比べると人気のある商品が多岐に渡って、それは高級時計も例外では無く、シャネルの時計と言えばJ12、セラミックの時計と言えばシャネルのJ12、そんな人気の商品をお持ちいただきました。

 

シャネル、J12、H1007の買取

 

シャネルのJ12には、基本的に白と黒の二色があります。どちらがメンズ、レディースというわけでは無く、どちらの色も両方のサイズで展開されています。

 

シャネル、J12、H1007の買取今回お持ちいただいたH1007は、ホワイトセラミックのJ12で、サイズが41mmなので、一般的にはメンズサイズと呼ばれる腕時計となります。

 

他のJ12と大きく違うのは、クロノグラフが搭載されている点です。クォーツのJ12もありますが、H1007は自動巻きで、クロノグラフ付きであるため、上位のモデルであると言えます。

 

買取査定としては、J12のようなセラミック素材の時計は、金属の商品と違いキズが付きづらい利点もありますが、逆に金属と違い割れてしまっている事があります。そうなってしまうと大きく査定金額も下がってしまいます。

 

今回のH1007は特に大きな不具合等は無く、買取査定も高値を付ける事が出来ました。

 

須賀質店池袋営業所で、230,000円で買取いたしました。

 

シャネル、J12、H1007の買取

 

シャネル、J12、H1007の買取を通してのまとめ

時計に限らず、中古品として取引される商品の多くが、相場の変動によってその取引金額が大きく上下します。

 

相場の変動の要因としては、新製品の発売や人気の低下による下落が考えられますが、それだけではありません。

 

今回のコロナウイルスによる影響で、大きな混乱がおこりました。

 

それによって経済活動の停滞を余儀なくされ、景気が一気に悪化した事で、中古品相場でも大規模な下落の波が起こったのです。今回の買取ではそれほど大きな影響が出る前であった事や、定番商品であったため、大きなマイナス査定とはならず高価査定で買取をしております。

 

中古品相場の動向はわかりませんが、何かを売却する際にはしばらく一層の注意が必要だと思います。

 

もちろんコロナ禍の収束後には、相場が劇的に改善する事もありますので、ご承知おきください。

 

 

シャネル、J12、クロノグラフ、黒の買取事例←はこちら

他のブランドのクロノグラフの買取事例←はこちら

シャネルの時計の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。