失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

チューダー(チュードル)、クロノタイムを高価買取

2019年5月31日

チューダー クロノタイム 買取

須賀質店五反田本店で、チュードル、クロノタイム、79170型の時計を買取いたしました。ステンレス素材で、白い文字盤に黒い目というダザインで、古いデイトナを彷彿とさせます。

 

チュードル、チューダーとは

 

チュードルは、ロレックスと同じハンス・ウィルスドルフが立ち上げたブランドで、ロレックスと同じパーツを使用し、価格帯を抑えた商品展開をしているため、ロレックスのディフュージョンブランドと言われていました。事実、ロレックスから発売されているモデルによく似た商品が多く、同じモデル名の商品もあるほどです。しかし、近年ではチュードル独自のモデルの登場が多く、チュードルとしての魅力のあるブランドへと進化していきました。

 

日本では正規店が無く、チュードルの時計の正規メンテナンスはロレックスに持ち込むようになっていましたが、2018年に正規店が誕生しました。正規店、日本語の正式な表記としてブランド名がカタカナでチューダーとなっていたため、以前のチュードルという呼び名ではなく、チューダーという呼び名に変わっていったのです。

 

チューダー、79170型の買取

 

チューダー 79170 買取

高級時計の買取では、常に値が一定では無く、相場の変動によって大きく変わる事があります。新製品が登場する事によって、同型の古い物の値が下がってしまうのはしょうがない事ではないでしょうか。しかし、相場の変動というのは、当然下がるだけではありません。上がる事もあるのです。今回のチューダーの時計が、正に相場の上がった商品であったのです。

 

お品物の状態が若干悪く、30分計の針がずれてしまっていました。この故障は、クォーツの時計であれば簡単に直せる場合があるのですが、機械式の時計の場合はオーバーホール以上のメンテナンスが必要になってしまいます。小さな不具合に見えるかもしれませんが、機械式の時計の場合は大きな故障となってしまう事があるのです。故障してしまっている時計の扱いは難しく、それだけで断ってしまうような業者もあると思いますが、壊れた時計であっても、須賀質店ではお取り扱い可能です。

 

チューダーの相場が上がっている事、故障している時計であってもお値段を付ける事の出来る須賀質店であった事で今回の買取となりました。須賀質店五反田本店で、450,000円で買取いたしました。

 

チューダー、クロノタイムの買取のまとめ

 

今回ご紹介させて頂いたチューダーのクロノタイムのように、相場の上がった商品であればその分高値で買い取らせていただきます。

 

今一番相場が上がっているのは時計よりも金かもしれませんが、もちろん金であれ時計であれ、相場に準じた高価査定で買取ます。

 

五反田、渋谷、池袋の三店舗ございますので、都内近郊の方であれば買取は須賀質店にご用命ください。皆様の大切なお品物は丁寧に査定をさせて頂きます。

 

 

チューダー、ヘリテージの買取事例←はこちら

チューダー、ペラゴスの買取事例←はこちら

チューダーの買取相場←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。