TUDOR

チュードル(取扱い品目一覧)

クロノタイガーなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
チュードル
創業 大正 9 年の老舗チュードルの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではチュードル(TUDOR)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ブレゲの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

チュードルの時計にはヘリテージ、クロノグラフ、クロノタイム、クロノタイム、プリンスデイト、ハイドロノート、グランツアーなど、多数の種類の時計があります。いずれのモデルも多数の買取実績、質入れ事例があるので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。また、チュードルには
ヘリテージブラックベイ、ヘリテージブラックダークのようなレアな時計も須賀質店では取扱いの例があるので、他店で買取査定額を出せないなど断られた方はぜひご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。チュードルの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

チュードルの査定相場

下記のチュードルの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のチュードル買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質入れの場合のチュードル質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

チュードル 取扱い品目一覧
クロノタイガー
CHRONOTIGER
チュードルの査定のポイント
チュードル(TUDOR)について

チュードルは、ロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルフによって設立されロレックスの廉価版バージョンのメーカーの役割を担っていました。廉価版とはディフュージョンブランドとも呼ばれますが、チュードルはロレックスのディフージョンブランドとして、ロレックス本社のあったイギリスで、一般庶民向けのブランドとして製造されました。

チュードルという名称は「チューダー家」というイギリス王室から由来しており、この「チューダー家」は、エリザベス1世を輩出したことでも知られる名門です。名門王室の名称を利用した理由は、広く知れ渡っている名門王室の名をブランド名に使うことで、チュードルのブランド名をイギリスの一般庶民に定着させるのが目的でした。名門王家の名を利用してでも、自社のブランド名をイギリスに広めようとする、チュードルの意気込みは成功して、チュードルはイギリスで次第に知名度を上げてゆきます。

ロレックスは、完全防水オイスターケース、デイトジャスト機能、自動巻き上げ機能など革新的な時計機構を搭載していたために製造コストが高く、そのために販売価格も高止まりしていたために、ロレックスの知名度は低いままでしたが、チュードルがイギリスで知名度を上げていったためにそれと同時にロレックスの知名度も上がり、現在の様な世界的有名な時計メーカーへと成長してゆきました。

チュードルの見た目の特徴について

チュードルの一番の販売上の長所と言えば、そのリーズナブルな価格ですが、その価格を実現できたのはリューズや文字盤、裏蓋等の部品の大半をロレックスと共用しているからだと言われています。ロレックスの廉価版という位置づけではありますが、世界初の完全防水ケース オイスターケースを採用しているのは大きな強みといえます。そして、カラーや大きさで多数のバリエーションが存在するというのもチュードルの特徴です。
1970年以降、チュードルはロゴマークが薔薇から盾に変わった後は、チュードルはロレックスの入門モデルとしての取り扱われ方が多くなった印象があります。それは、ロレックスのサブマリーナと、見た目がほぼ同じ「チュードルサブマリーナ」や、ロレックスのエクスプローラと同じような「チュードルレインジャー」、ロレックスオイスターロイヤルと似た「チュードルオイスタープリンス」など、複数のロレックスを意識した似たモデルが発表されているからです。

リーズナブルナ価格の秘密について

チュードルはロレックスの廉価版モデルとして存在していて、パーツの多くを共用しているにも関わらずどうしてリーズナブルな価格で発表することが出来たのでしょうか。その理由は使用しているムーブメントに秘密があります。
ロレックスはムーブメントも含めて、全工程を自社内で行うことが出来るマニュファクチュールのために、当然自社製のムーブメントが使用されています。
これに対してチュードルのムーブメントは、ETA社製の汎用ムーブメントを使用しているために、時計の製造コストで大きな割合を占める「ムーブメント代金」を抑えることに成功しているのです。ETA社はタグホイヤー、オメガ、シャネル等にもムーブメントを供給していて、性能や精度も高く、多くの時計ブランドメーカーから信用されている会社です。そのためチュードルもETA社のムーブメントを使用していても、品質は全く問題は無いといえます。

チュードルのロゴマークは様々なデザインが存在していますが、1970年代以前のモデルは薔薇が使われていて、「チュードルローズ」と呼ばれていて、この薔薇のマークも大型のもの、小型のもの、2種類が存在し、それぞれ「デカバラ」「チビバラ」などの愛称で呼ばれていました。また、薔薇と盾を組み合わせた「盾バラ」と呼ばれる珍しいマークも存在します。薔薇のマークはプリントでなく、その製造工程が高コストだったために薔薇マークは製造終了となり、1970年以降は低コストで製造が出来る盾マークに変更になりました。