失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックス サブマリーナの高価買取実績

2019年7月31日

須賀質店渋谷営業所にてロレックスのサブマリーナ(16613型)を700,000円で買取致しました。

 

今回買取したロレックスのサブマリーナ(16613型)は素材がステンレスとイエローゴールドのコンビであり、文字盤の色は黒色のものでした。

 

ロレックス サブマリーナを売る前の注意ポイント①

 

今回はロレックスを売ろうと考えている方へ、査定員はどんなポイントを見ているのか紹介します。

 

査定員が最初に見るポイントは、「時計が正確に時間を表示するかどうか」です。今回買取したロレックスのサブマリーナは(16613型)、機械式の時計であるため、時間が正確に表示されないことが珍しくない時計です。

 

時間が狂わないかどうかは、機械式時計の精度を測る専用の機器で計測し、時計内部の機械が故障していないかを調べます。

 

また、他にもリューズを回して短針、長針、日付表示を動かしてみて動作に問題無いか、リューズを回した時に機械のすべりなどはないか等を確認します。

 

もし、時計の中の機械に不備などがあった場合には、オーバーホールと呼ばれる時計を分解して修理をする必要があるため、買取金額は修理費用を差し引いたくらいの買取価格になることが多いです。

 

そのため、時計の買取を考えられている方は、買取に出す前にリューズを引き出して、長針、短針が正確に動くこと、夜の12時の位置で日付表示が変わること、日付表示を単独で動かせること、自動巻きの仕組みが機能していること、時計内部から奇妙な音がしないこと、などの動作の確認をしてみることをお勧めいたします。

 

ただ、時計に不具合があったとしても、ご自身で時計店に持ち込み修理をしないほうが良いかもしれません。

 

須賀質店の査定員は、時計に不具合があって修理が必要な場合であっても、修理費用を予想して買取査定価格を算出する経験を多数しています。

 

須賀質店では時計の修理に関しては、何人かの信頼のおける技術者と提携していて、皆さんがご自身で時計店に持ち込むよりもリーズナブルに修理することが可能だからです。

 


そのため、動作不良の確認をした際に不良が見られたとしても、須賀質店であればお値段がお付けできる可能性は充分にあります。

 

ロレックス サブマリーナを売る前の注意ポイント②

 

 

先程お話した内容は、ロレックス含め機械式の時計全てに当てはまることです。

 

ここからは、ロレックスのサブマリーナだからこそ査定員が注意して見るポイントをお話します。

 

ロレックスのサブマリーナはどの型番のものでも、ベゼルの12時方向にルミナスポイントと呼ばれる夜行カプセルが埋め込まれています。

 

サブマリーナはダイバーズウォッチウォッチとして作られたものであり、ルミナスポイントは潜水時暗い海底でも潜水時間を把握できるように取り付けられています。

 

ダイバーズ用に付けられたルミナスポイントですが、落としたりする衝撃などでひび割れてしまったり、取れてしまうことがあります。

 

質入れや買取の際に、このルミナスポイントが取れてしまっているサブマリーナを見かけることも少なくありません。

 

ルミナスポイントが割れてしまうと、修理に出すとしても文字盤周りのベゼルごと交換となるため、修理費用もかかってしまい、買取金額にも影響してしまいます。

 

そのため、ロレックスのサブマリーナを手放そうと考えている方は、ルミナスポイントの部分にも気をつけることをお勧めします。

 

ロレックス サブマリーナの買取実績

 

 

ロレックスのサブマリーナは現行品、生産終了品、素材の違うモデルなどで様々な種類があります。

 

今回は日々多くのサブマリーナが持ち込まれる須賀質店の買取実績について紹介します。

 

◯ロレックス サブマリーナ 16613型 箱、保証書などの付属品あり 買取700,000円

 

◯ロレックス サブマリーナ 16610型 付属品なし 動作不良 買取550,000円

 

◯ロレックス サブマリーナ 116610LN型 付属品なし 買取820,000円

 

◯ロレックス サブマリーナ 116610LN型 箱、保証書などの付属品あり 買取920,000円

 

◯ロレックス サブマリーナ 116610LV型 箱、保証書などの付属品あり 買取1,280,000円

 

※これらの買取実績は今後の買取金額を保証するものではありません。

 

以上、代表的な実績を挙げさせて頂きました。

 

型番をいくつか挙げましたが、ロレックスのサブマリーナ16610型は既に生産終了モデルであり、116610LN型、116610LV型は現行モデルです。

 

そのため、2つを比較すると現行モデルの方が買取金額が高いことがわかると思います。

 

今回買取しましたサブマリーナは素材がステンレスとイエローゴールドのため、相場はステンレスのみのものよりし高いですが、現行モデルのステンレス素材のモデルの方が買取金額は高く付きます。

 

他にも、付属品の有無で買取金額に変化があることがわかりますでしょうか。

 

ロレックスの時計は、付属品である保証書をお持ち頂ければ買取金額が上がることが多いです。一覧にある116610LN型も保証書の有無で100,000円の差があります。


さらに、須賀質店では動作不良の時計も充分に買取金額をお付けできます。動作不良の時計だと、買取の際に大きく金額を引かれがちです。

 

しかし、須賀質店では上記でも紹介したように信頼のおける技術者と提携しているため、他の買取店よりも修理費用を安く抑え、買取金額を高額にすることが可能です。

 

ロレックスのサブマリーナを手放そうと考えている方は、ぜひ須賀質店までご来店下さい。

 

 

須賀質店はお客様からのお問い合わせをお待ちしております

 

 

今回はロレックスのサブマリーナを買取しましたが、須賀質店ではサブマリーナのみならず、ロレックスの時計の買取に力を入れています。他店の金額に満足いただけなかった方は、一度須賀質店まで足を運んでみて下さい。

 

店頭まで足を運んでいただかなくても、メールやお電話、LINEアプリでもお問い合わせは受け付けております。メールやLINEアプリでお品物の写真や、料理に使う測りなどで重さを測っていただければ、当日の買取、質預かりの金額でご参考程度の金額はご提示することが可能です。

 

型番がわからないといった場合でも、須賀質店の査定員がお写真やいくつか質問をさせて頂き、型番を想定し、お値段をお付け致します。

 

皆様のお問い合わせをお待ちしております。

記事の執筆者:KY