失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ウブロ、ビッグバン、サンモリッツ、ダイヤモンド付きの買取

2019年9月13日

須賀質店池袋営業所で、ウブロ、ビッグバン、サンモリッツ、301.SE.230.RW.114の時計を買取いたしました。

 

皆さんは時計の針が、なぜ右回りに進むのかをご存じでしょうか。時計という機械が無かった時代、太陽の位置から時間を割り出すために発明された最も古い時計が日時計です。日時計は、北半球では右回りで進みます。機械式の時計の発展が盛んだったのが北半球であったため、現在の右回りの時計が定着していきました。

 

そして、古くから時計産業が盛んで、高級時計ブランドのメッカであるのが、北半球、ヨーロッパのスイスです。今回お持ちいただいたウブロもスイスに本拠地を置く高級時計ブランドの一つとなっています。

 

ウブロ、ダイヤモンド付きのビッグバン、サンモリッツの買取

 

一時期の経営難を乗り越えるきっかけとなったのが2004年にCEOに就任したジャン=クロード・ビーバーの発表したビッグバンでした。デカアツ時計のブームもあり、一躍時代の寵児へと躍り出たブランド、それがウブロです。

 

今回は、そんなウブロを代表するビッグバンの時計をお持ちいただき買取となりましいた。

 

当然の事ではあるのですが、ウブロのビッグバンにもレディースモデルがあるのをご存じでしょうか。他のブランドのレディースモデルと比べるとかなり大振りであるため、見分け辛いのですが、クロノグラフ機能付きのビッグバンであれば、目の配置で見分ける事が出来ます。

 

今回の301.SE.230.RW.114のように、左にスモールセコンドがあるのが通常のメンズサイズ、右にスモールサイズがあるのがレディースサイズになります。白を基調としたサンモリッツのビッグバンや、カラーサファイアをあしらったモデル等でレディースサイズの商品を見かける事が多いでしょう。

 

これも当然ですが、レディースサイズとメンズサイズでは買取価格が違うので、しっかりと見分けなければいけません。今回のようにレディースサイズの多いモデルでは、特に注意して買取査定をする事が必要です。

 

須賀質店のスタッフのように、買取をするためには、知識が必要なのです。

 

お持ちいただいた301.SE.230.RW.114は、それなりにキズが付いていたりはしましたが、故障も無く、大きく目立つようなキズもありませんでした。ただ、白い色であるため、ベルトの汚れが目立ってしまっていました。

 

これくらいであればと、強気に査定をして買取いたしました。須賀質店池袋営業所で、820,000円で買取いたしました。

 

ウブロ、ダイヤモンド付きビッグバン、サンモリッツの買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR