失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

タグホイヤー リンクWJF211A型の時計を高価買取

2019年10月9日

須賀質店渋谷営業所でタグホイヤーの時計を50,000円で買取りました。こちらの時計はタグホイヤーのリンクというシリーズの時計になります。

タグホイヤーと言えば1964年に誕生した基幹ラインの「カレラ」シリーズをはじめ、ダイバーズウォッチの「アクアレーサー」、そして今回買取した「リンク」シリーズが高い人気を誇ります。

 

「リンク」の前身は「S/el(セル)」というシリーズで、1987年に誕生しました。名前はスポーツ・エレガンスの頭文字からつけられ、当時から人間工学に基づいた特徴的なブレスレットが採用されています。

 

今回はタグホイヤー・リンクの買取について解説したいと思います。

 

タグホイヤー・リンクの買取について須賀質店が解説します

 

今回買取したお品物はメンズサイズの自動巻きモデルでしたが、リンクにはクォーツ式やレディースサイズもラインナップされています。

 

自動巻きモデルの場合、須賀質店の査定では専用の機械で精度の確認を行っています。機械式時計の場合はある程度の誤差は許容範囲となりますが、1日に1分以上ズレる場合はオーバーホールの必要があると判断して費用分を引いた査定額をお伝えしています。

時計の制度を測る機械

クォーツ式時計の場合精度確認は不要ですが、ちゃんと動いているかを確認します。動いていないクォーツ式の場合、電池切れなのか故障なのかを店頭で判断する事ができません。

 

その場合は故障している可能性があると判断し、修理費用を引いた金額が査定額となります。電池交換代以上のマイナスとなってしまうので、電池切れの場合は電池交換をしてから査定にお持ちになる事をお勧めします。

また、ブレスレットの長さを調整して外したコマも査定時にはお持ち下さい。ブレスレットが短く外したコマもない場合、再販する際にサイズ調整の幅が取れなくなってしまいます。特にリンクシリーズの様に特殊なブレスレットの場合、査定員も強気の査定をしづらくなります。

 

 

須賀質店のシステムについてと、買取・質預かりについてのまとめ

 

須賀質店では付属品がない状態でも買取させていただきます。しかし時計のモデルによっては保証書の有無により査定額が大きく変わる場合があり、特にロレックスでは数万円~数十万円変わるモデルもございます。付属品がある場合は査定の際に一緒にお持ちいただくと、高額査定に繋がります。

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。

質預かりでは業界最低水準の利息や、各種キャンペーンによってお客様が利用しやすい環境を整えております。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

創業大正9年の須賀質店は、長年積み重ねてきた実績と確かなサービスを提供いたします。ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動します。須賀質店では厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが、最新の相場を反映した独自の相場検索システムを駆使してその日最も高い査定金額を提示します。

 

五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。