失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックス サブマリーナ16613型の時計を池袋営業所で高価買取

2020年1月10日

須賀質店池袋営業所でロレックスの時計を720,000万円で買取りました。こちらの時計はロレックスのサブマリーナというシリーズの時計で、16610型は1989年~2009年にかけて販売されていたモデルとなります。

16613高価買取

腕時計に詳しくない方でも、ロレックス=高級時計という認知がされています。もちろん他にも高級腕時計のメーカーは多数ありますが、認知度が高いブランドは中古市場でも人気が高く高額査定を得やすくなります。

 

そのロレックスの中でも人気が高いスポーツウォッチです。エクスプローラー・GMTマスター・そして今回買取したサブマリーナです。

今回はロレックスのサブマリーナ16613型の高価買取について須賀質店が解説します。

 

 

ロレックスのサブマリーナ16613の高価買取について須賀質店が解説します

 

高温多湿で雨が多い日本では、ビジネスシーンでもダイバーズウォッチの人気が高いです。ロレックスのサブマリーナ、オメガのシーマスター、タグホイヤーのアクアレーサー・・・と各ブランド魅力的なモデルを販売しています。

 

その中でもサブマリーナは人気モデルであり、日付表示の有無、多彩なカラー、素材の違いなど多くの選択肢から選ぶ楽しさと、一方で発売当初からデザイン変更がほとんどない点もロングユーザーに安心感を与えて人気が高い理由と言えます。

 

今回の16613型は、付属品が全くない状態でしたが720,000万円の高額査定となりました。ロレックス旧型スポーツモデルは人気が高く、相場も高騰している点などを考慮しての高額査定です。

 

機械式の腕時計の場合は、1日にどれくらい時間のズレが生じるかを専用の機械で確認します。余りに大きく時間がズレたり、測定不能な場合は通常の査定額からマイナスとなります。

機械式時計の制度をはかる機械

機械式時計の制度をはかる機械

またパーツ交換が必要な状態(ガラスがカケたり割れている、ブレスレットやバックルが壊れている、リューズが抜けているなど)のお品物や、故障している場合もマイナスとなります。ダイバーズウォッチは頑丈なものが多いですが、ラフに扱いすぎると状態が悪くなり高額査定が難しくなる場合もありますのでご注意ください。

 

通常査定額の提示は難しいですが、須賀質店では壊れて動かない時計の買取も行っております。以前にガラスが大破して文字盤がキズだらけになったパネライの腕時計も、110,000円で買取させていただきました。他店で断られてしまったお品物でもお気軽に須賀質店にご相談下さい。

ロレックスは修理できる

 

サブマリーナ16613型高価買取まとめ

 

今回の記事ではサブマリーナ16613型の買取について解説しました。ダイバーズウォッチはその頑丈さからラフに扱われる事が多いですが、パーツの破損や海水によるサビなどには十分注意してください。

 

古い時計になるほどキズやサビなどがある個体が多くなります。使用された年月が長くなるので当たり前ですが、古い時計で綺麗な状態(パーツ交換ではなく発売当時のパーツを使用している)であればプレミアム価格で取引される事も少なくありません。

 

将来的に手放す事をお考えの場合は、丁寧に使えば高額査定となる可能性が高まります。

ロレックスの買取について←こちら

ロレックス(取扱い品目一覧) ←こちら

サブマリーナの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。