失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

タグホイヤーのモナコの時計を高価買取!

2020年2月25日

タグホイヤーのモナコを高価買取

須賀質店 池袋営業所で、タグホイヤーのモナコ CAW211P型を260,000円で買取致しました。

 

ロレックスやカルティエなど高級時計ブランドの中で、タグホイヤーの時計は、高級時計のエントリーモデルと呼ばれています。

 

価格帯がサラリーマンの初ボーナスで買えてしまうほどのものでありながら、独自開発のムーブメントや精巧な機械で、世界中から人気があるのが、タグホイヤーになります。

 

そんなタグホイヤーの時計の買取査定やポイントなどについてお話致します。

 

【目次】

タグホイヤーの時計買取の際のポイント

時計を少しでも高く売却するには?

今回のタグホイヤー モナコの買取査定

東京の五反田・渋谷・池袋の質屋

タグホイヤーの時計買取の際のポイント

タグホイヤーには、クォーツ(電池式)と機械式時計の2種類が販売されています。

 

それぞれ、査定の際に見るポイントがありますので、お話したいと思います。

 

まずはクォーツの時計ですが、クォーツは電池が動力であるため、時刻が狂うことはほぼありません。(故障している場合を除く)

 

しかし、電池切れを起こしたまま、長時間放置すると、中の電池が液漏れを起こし、機械の故障の原因になることが多々あります。

 

そのため、クォーツの時計は、査定に際に止まっていると、故障していることを前提として査定をすることになるため、査定金額が動いている状態より下がってしまいます。

 

次に機械式時計ですが、機械式時計はさらに自動巻きと手巻き時計に分けられます。

 

それぞれどのように違うかといいますと、自動巻きは時計の内部にあるローターを回転させることにより、ゼンマイを巻き上げるのに対し、手巻きは時計のリューズと呼ばれるものを手動で回し、ゼンマイを巻き上げ時計を動かします。

 

基本的に手巻き時計はアンティーク時計に多く採用されているため、市場に出回っている機械式時計はほとんどが自動巻きといってもよいでしょう。

 

さて、その機械式時計は、査定の際にチェックしなくてはいけないことは、機械が不良や故障を起こしていないかです。

 

外から見ただけでは内部の故障を見つけることはできませんので、タイムグラファーという機械で、時計の振動数を測り、故障を見つけます。

 

機械式時計は精密な機械が多く使用されていますので、定期的なメンテナンスが必要になります。

 

そのメンテナンスを怠ると、最悪時計が動かなくなってしまうことに繋がり、売却しようとした際に、足枷となる可能性もあります。

 

ですので、多少お金がかかっても、定期的なメンテナンスをすることを強くおすすめします!

時計を少しでも高く売却するには?

ここでは、お持ちの腕時計を少しでも高い査定にするにはどうすればよいのか、という疑問にお答えすべく、現役の質屋査定員がそのコツを少しお教えします。

 

時計の査定において、重要視されるポイントは、「品物の状態」「品物の相場」の2つです。

 

この2つの中でも、品物の状態は最も査定に反映されやすい項目になります。

 

状態と一概に言っても様々ありますが、基本的には「キズや汚れ」「不良や故障」を査定の際に確認します。

 

同じ品物でも、状態の良し悪しにより査定金額に差が出ることがほとんどです。

 

そのため、品物の状態を見極めることが重要になってきます。

 

ですので、品物の状態をいかに良く保つかが、査定金額を少しでも上げるコツになります。

 

それでは、具体的にどのようにすればいいのでしょうか。

 

基本的に、普段使いしている時計であれば、キズが付いてしまうことは仕方ありません。

 

しかし、普段から丁寧に扱っていれば、ひどい状態にはなりません。

 

そしてやはり、定期的なメンテナンスをすることにより、常にベストな状態を保つことができ、査定金額が上がるかもしれません。

今回のタグホイヤー モナコの買取査定

タグホイヤーのメンズ時計モナコの買取査定

今回お持ちいただいた時計は、スイスの時計ブランド、タグホイヤーのモナコというモデルの時計になります。

 

モナコは、真四角のフォルムが特徴で、比較的若い20~30代の男性に人気のあるモデルになります。

 

さて、今回のモナコの買取査定についてですが、上記でもお話しているポイントを中心に査定をしました。

 

まずは状態の確認ですが、今回のモナコは、特に目立つキズや汚れはなく、中古品としてはキレイな状態でした。

 

特に今回の時計のように、革ベルトのものはベルトが劣化しやすく、査定にマイナスになってしまいますが、今回のモナコは多少の使用感はありますが、劣化は見られなかったため、マイナスにはなりませんでした。

 

中の機械の方も、タイムグラファーで計測した限りでは、まったく問題のない数値が出ました。

 

次に相場ですが、タグホイヤーは残念ながら、高級時計ブランドであり、販売価格も数十万円ほどするのですが、中古となると大きく相場が下がってしまいます。

 

決して人気はないわけではなく、エントリーモデルとしての意味合いが強いため、中古では低価格になりやすくなります。

 

以上のことから、今回のタグホイヤーのモナコは、状態や相場を総合的に判断し、260,000円での買取となりました。

 

まとめ 東京の五反田・渋谷・池袋の質屋

 

須賀質店は東京・五反田に店舗をかまえ約100年が経ちました。

 

現在は東京都内で五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3店舗をかまえ、多くのお客様にご利用いただいています。

 

須賀質店ではロレックスやオメガなどの時計、貴金属、ハリーウィンストンやカルティエなどのジュエリー、ルイヴィトンやエルメスなどのブランドバッグなどはもちろん、現代人には必須アイテムとなっているスマートフォン(iPhone)やパソコン(MacBook)などの電子機器の質入れ・買取も行っております。

 

仕事が忙しくて休日しか来店できないという方は、お電話での問い合わせやLINE査定をぜひご利用ください。

 

お品物の名前や型番などをお教えいただければ、ご参考程度ではありますが、査定金額を提示させていただきます。

 

業界最低水準の金利や長い歴史で培ってきた信頼とスキルで、お客様に満足のいく査定をさせていただきます。

 

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。

 

タグホイヤーの別モデルの買取事例←はこちら

タグホイヤーの別モデルの買取事例2←はこちら

タグホイヤーの時計の買取相場←はこちら

この記事を書いた人
S.K
ご覧いただきありがとうございます。私は2018年入社とまだ日が浅いですが、前職でリサイクルショップに勤めていたこともあり、鑑定士として日々働かせていただいています。まだまだ学ばなければならないことも多くありますが、得意分野のスマホ・家電類を中心に、時計やバッグもしっかりと査定をさせていただきます。お客様の買取・質入れのご相談を心よりお待ちしております。