失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエ パシャ38クロノグラフの買取金額について

2020年5月20日

須賀質店五反田本店にて、カルティエのパシャ38クロノグラフの時計を買取いたしました。

 

今回買取しました時計は、素材がステンレスのものであり、文字盤周囲のベゼル部分にある数字の塗装が剥がれている状態でお持ちいただきました。

 

パッと見たときに塗装の剥がれは目につくものであるため、買取金額に影響を与えてしまうと考える方もいるかも知れませんが、査定員は塗装剥げ部分では買取金額を下げること無く、120,000円という買取金額をおつけしました。

 

今回は、カルティエのパシャ38クロノグラフの買取金額に影響してしまうポイントを買取店の査定員がお伝えいたします。

カルティエ 時計 高額買取

査定員が見るカルティエ パシャ38 クロノグラフの査定ポイント

 

 

今回買取しましたカルティエのパシャ38 クロノグラフは、写真から見てもわかるように、ストップウォッチ機能が備えられており、プッシュボタンとリューズには宝石が埋め込まれています。

 

リューズに埋め込まれている宝石は、カルティエの時計では珍しくなく、パシャのみならず、タンクフランセーズや、ロードスターなど様々なシリーズの時計に使用されています。

 

カルティエの時計の場合、査定員は必ずリューズやプッシュボタンに埋め込まれている宝石が欠けていないか、外れていないかなどを確認します。

ロレックスの中古品を探す

カルティエの時計に使用されている宝石のスピネルは、ルビーなどの宝石に比べると柔らかいため、ぶつけたり落としてしまった際に宝石が欠けたり、割れてしまう可能性があります。

 

万が一宝石部分が欠損している場合、修理するためにメーカーに修理を依頼する必要があり、修理金額も必要になるため、査定員は、修理に必要な金額を差し引いて買取金額をご提示します。

 

そのため、カルティエの時計の売却を検討されている方は、使用する際や、使用後に保管する際にはリューズやプッシュボタンに埋め込まれている宝石に気をつけることをお勧めします。

 

その上で、今回買取しましたカルティエのパシャ38クロノグラフは、 冒頭でお話したとおり、文字盤周囲のベゼル部分の塗装が剥げてしまっていました。

 

しかし、査定員は塗装剥げでは中古品市場において、相場に大きな影響は無いことを熟知していたため、マイナスポイントとすることはありませんでした。

 

時計本体の動作を確認し、不良部分などが無く、先程もお話したリューズとプッシュボタン部分の宝石も欠損が見られなかったため、須賀質店五反田本店にて、120,000円で買取いたしました。

 

須賀質店は付属品のないブランドの時計も買取可能です

 

新規のお客様からのお問い合わせで「箱や保証書をなくしてしまった指輪でも買取可能ですか」といった内容を多くいただきます。

 

須賀質店では付属品がない場合でも、買取金額にはほとんど影響はなく、高額買取いたします。

 

買取店の中には、品物の品質を保証する保証書がないと買取できないという対応のお店もあるようです。

 

しかし、須賀質店では査定員それぞれが多くの査定経験を持ち、査定技術の向上にも努めておいるため、保証書などのない時計であっても買取金額をおつけすることは充分に可能です。

 

須賀質店での査定技術の向上のための取り組みはいくつかあり、今回はその内の一つを紹介します。

 

須賀質店の査定員全員は、定期的に社外の中古品の集まるオークションへ参加をし、数多くのブランド品や宝石類などを見て、査定技術の向上に努めています。

 

中古品のオークションとは、古物免許を持ったプロの古物業者が集まる場所であり、日本中全国から数々のブランド商品などが集まるため、中古品市場の現在の相場や、流行、ブランドの新情報など情報収集することも可能です。

 

須賀質店の査定員は、オークションへ定期的に足を運ぶことによって、同じモデルの時計でも中古品市場での価格の傾向、高値が付きやすいポイントなどを研究し、お客様に還元し、長い間利用していただける質屋として日々努力を積み重ねています。

 

他のお店の買取金額にご満足いただけなかった方はぜひ須賀質店をご利用下さい。

 

カルティエの査定相場←はこちら

カルティエのボロボロの時計の買取事例←はこちら

カルティエの廃盤となった時計の買取事例←はこちら

 

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。