失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエ、パシャCの買取、廃盤となっている時計の買取

2020年1月22日

須賀質店五反田本店で、カルティエ、パシャC、クロノグラフの時計を買取いたしました。1943年にパシャの原型となるラウンド型の防水時計が登場し、その後1995年にパシャシリーズの10周年記念誕生したのがパシャCという時計です。35mmのケースサイズで、素材がステンレスのみの物をパシャCと言います。

 

現在では、パシャシリーズ自体は残っているのですが、レディースサイズのミスパシャのみの展開で、2016年頃に他のパシャシリーズは廃盤となっています。

 

カルティエ、廃盤となっているパシャC、クロノグラフの時計の買取

 

廃盤品、つまり現在パシャCを購入しようと思うと中古品として探すしかないという事です。では、買取査定ではこの廃盤品という事がどのような影響があるのでしょうか。

 

結論から言ってしまうと、廃盤となっている事自体は買取査定では、ほとんど何の影響もありません。確かに、稀にではありますが、正規店での販売が終了する事で、中古品の相場が上がる商品もありますが、ほんの極一部の商品であって、ほとんどの商品は廃盤になって以降も相場は横ばいです。

 

今回お持ちいただいたパシャCのクロノグラフの時計も、数年前の相場と比べてもほとんど変動が無いため、買取査定で付ける事の出来る金額にも変動は特にはありませんでした。

 

3年程前に、今回お持ちいただいたのと同じような状態のパシャC、クロノグラフの時計を、全く同じ金額で買取査定をした履歴が須賀質店には残っていました。

 

今回のパシャCのクロノグラフの時計は、大きな不具合はありませんでしたが、キズが多く、ボロボロとは言いませんが、キレイであるとも言えない状態でした。

 

磨けばキレイなるため、時計のような金属製の商品は、状態の如何でそこまで大きく金額が上下はしませんが、未使用の状態と使い古された状態では、どうしたって金額は違ってきます。

 

ここまでのお話だけでは、お持ちいただいた時計はかなり安い値段での買取となったのではないか、と感じられると思うのではないでしょうか。

 

しかし、結局は古い時計であってもカルティエと言う人気ブランドの商品である事に変わりはなく、パシャCにも昔から変わらず人気があるという買取金額になりました。

 

どんなに古くなった物であっても、高価査定で買取可能。ブランド品の利点の一つではないでしょうか。須賀質店五反田本店で、100,000円で買取いたしました。

 

カルティエ、パシャC、クロノグラフの時計の買取を通して、質屋としてのまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。

 

大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。

 

また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。

 

お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。