失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ボッテガヴェネタ イントレッチオリュージョン トートバッグを買取

2018年10月30日

須賀質店渋谷営業所でボッテガヴェネタのバッグを1万5千円で買い取りました。こちらのバッグはイントレッチオリュージョンというモデルとなります。

ボッテガのトートバッグを買取

 

ボッテガヴェネタとイントレッチオリュージョンについて須賀質店が解説

 

ボッテガヴェネタは1966年にミケーレ・タッデイとレンツォ・ゼンジアーロがイタリアで創業しました。創業からしばらくすると代表的な「イントレチャート」と呼ばれるレザーを格子模様に編み込んだデザインが生み出されます。

 

イントレッチオリュージョンはイントレチャートの編みこみをナイロンにプリントしたラインです。見た目はイントレチャートを完全に再現しており、編み込みによって生じる陰影も見事に再現しています。ボッテガヴェネタは通常ロゴがありませんが、イントレッチオリュージョンにはバタフライチャームがついています。これはボッテガヴェネタを象徴するマークであり、オシャレでさりげなく自己主張する事もできますね。

 

「ボッテガヴェネタのイントレチャートはデザイン性があり素敵だけど、レザーバッグは取扱いやお手入れに何かと気を使うから」と候補から外していた方も、イントレッチオリュージョンはナイロ素材の為レザーバッグほど気を使うことはなく使用できます。また価格もレザーアイテムに比べれば安くなりますので、普段使い用のバッグをお探しの方は検討してみてはいかがでしょうか。

イントレッチオリュージョンの説明

今回のイントレッチオリュージョンのトートバッグ買取金額について

 

 

今回買取したイントレッチオリュージョンのトートバッグは、ナイロン製で気軽に使いやすいお品物として人気が高い傾向にあります。状態は使用に伴うバッグの角部分の擦れがみられましたが、買取り額1万5千円の査定となりました。中古市場でも安定した動きを見せている事を考慮しての高額査定です。

 

バッグの査定額は、使用に伴う傷がどの程度なのかによって大きく変わってきます。傷がつきやすい個所は「バッグの角」「バッグの底、底鋲」「チャームやカデナがついたモデルは周辺のすれ傷」などがあります。

 

そのほかでは「持ち手部分の汚れ」「ショルダーストラップの劣化」「バッグ内側のペン痕」「使用に伴う型崩れ」などが多いです。また、ネームタグやお品物自体にイニシャルが入っている場合は、通常のお品物よりも低い査定額になる場合が多いです。

 

バッグ類は状態によって大きく値段が変わりますので、少しでも気になる方は須賀質店にご相談下さい。

バッグのカドスレ

 

ボッテガヴェネタ イントレッチオリュージョン トートバッグ買取についてのまとめ

 

 

今回の記事ではボッテガヴェネタ イントレッチオリュージョン トートバッグ買取について解説しました。ボッテガヴェネタは人気のハイブランドですので、中古品としても高価買取が可能なブランドとなります。

 

ブランドバッグは使用感によって買取金額が大幅に変わるお品物です。どうしても使っているとキズや汚れはついてしまいますが、未使用品の様に状態がよいお品物であれば更なる高額買取も可能となります。お気軽にご相談下さい。

 

ボッテガヴェネタの財布買取事例←こちら

ボッテガヴェネタのバッグ買取事例←こちら

ボッテガヴェネタのキーホルダー買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事