失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

セリーヌ ラゲージ・マイクロショッパーのバッグを買取

2019年3月30日

須賀質店池袋営業所でセリーヌのバッグを6万円で買い取りました。こちらのお品物はラゲージシリーズのマイクロショッパーというバッグです。

 

セリーヌは1945年にセリーヌ・ヴィピアナによってフランスに設立され、創業は皮革を使った高級子供靴専門店でした。セリーヌ・ヴィピアナが自分の子供の為に質の良い靴を作ってあげたいという温かい想いからスタートしたブランドです。

 

一時期衰退もありましたが、フィナンシエール・アガッシュ社(現LVMHグループ)の傘下となり、再びラグジュアリーブランドとしての輝きを取り戻しました。2019年春夏シーズンからはロゴも一新されるとの事ですので、より一層の躍進が期待されるブランドです。

セリーヌのラゲージバッグを買取

 

須賀質店が解説するラゲージシリーズとバッグの査定について

 

 

ラゲージシリーズはサイズが4種類(ナノ、マイクロ、ミニ、ファントム)あります。素材もスムースレザー、ドラムドカーフ(型押)、キャンバスとあります。サイズや素材によって査定額の上下は多少ありますが、それよりもバッグ類の査定では使用感が大きく関係します。

 

査定時はブランドや形などからお品物の平均相場を調べます。同時にお品物の状態を判断して、平均相場より査定額が上がるのか、下がるのかを判断します。

 

確認するポイントは、全体のキズや汚れ、型崩れなどの使用感を判断します。特に「バッグの角」「底部、底鋲金具」「チャームやカデナがついたモデルは周辺」は傷がつきやすいのでしっかり確認します。

 

キズ以外の使用感で多い症状は、「持ち手部分の汚れ」「ショルダーストラップの劣化」「バッグ内側のペン痕」があります。型崩れについては、容量異常の荷物を入れた際に起こる使用に伴うものと、保管時に癖がついてしまうものがあります。上記を総合的に判断し、査定額を提示いたします。

 

バッグの状態は、新品以外は同じ物がありません。正確な査定額を提示するためには、常に最新の相場を把握する事と、お品物の状態を正確に見極める力が必要です。須賀質店の査定員は日々の業務と、業者専門のオークション会場に足を運ぶことにより、数多くの品物に触れて査定力向上に努めています。査定をお考えで気になる事がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

バッグの査定では状態が重要

 

セリーヌ ラゲージ・マイクロショッパーのバッグ買取についてのまとめ

 

 

今回の記事ではセリーヌ ラゲージ・マイクロショッパーのバッグ買取について解説しました。須賀質店ではセリーヌのバッグをはじめ、エルメス、ルイヴィトン、シャネル、グッチなど各ブランドバッグの買取実績が豊富です。

 

今回の記事でも解説した通り、ブランドバッグの査定ポイントは状態の判断になります。しかし、使用している間にどうしてもキズや汚れなどはついてしまいますし、せっかく気に入って買ったお品物を使わずにしまい込んでおく事ももったいないですよね。

 

押し入れなど風通しの悪い場所にしまい込んでおくとカビが発生する要因にもなるため、使用しないときも定期的に保管場所から出して、カビが発生してしないかなどの確認をするとよいと思います。

 

セリーヌのバッグ買取事例←こちら

セリーヌの財布買取事例←こちら

バッグ(取扱い品目)←こちら

 

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事