失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金のアルハンブラ風リングを五反田本店で高価買取

2019年12月20日

須賀質店五反田本店でノンブランドのリングを16,000円で買取りました。こちらのお品物は18金ホワイトゴールド製で、中央に四つ葉のクローバー型の色石がついたお品物です。

アルハンブラ風リングの買取

デザインはヴァンクリーフ&アーペル(以下VCA)のアルハンブラシリーズの様なお品物で、存在感があるリングです。

 

今回はノンブランドリングの高額査定について、須賀質店が解説します。

 

 

18金アルハンブラ風リングの買取を解説

 

今回買取したお品物は、いわゆる「ノンブランドジュエリー」と呼ばれるもので、百貨店や宝石店などが独自に仕入れたり作成したお品物等がこれにあたります。

 

一方、カルティエやブルガリ、VCAなどの有名ジュエラーのお品物は「ブランドジュエリー」と呼ばれて区別され、査定額も変わってきます。

ブルガリの買取価格を左右するもの

VCAのシェルつきアルハンブラリングを例に出すと、素材に使われている18金とシェルの価値以上で取引されています。

 

今回買取したお品物はアルハンブラの様なデザインではありますがVCAのお品物ではありません。今回の色石にはお値段をお付けする事ができなかったので、素材の18金に対する価値で取引されます。

 

ブランドジュエリーはキズや変形、サイズなどで査定額が変わる事もありますが、ノンブランドジュエリーは素材に対する価値なので、新品だろうが壊れていようが素材の重さが変わらなければ査定額も同じとなります。

高額査定のポイントとしては、金(ゴールド)やプラチナの買取価格が高いお店を選ぶことです。この記事を書いている須賀質店は、買取価格を業界最高レベルまで上げてお客様のご来店をお待ちしております。

 

毎日変わる買取相場も弊社ホームページで毎日更新・公開しておりますので、是非ご確認下さい。

 

本日の金買取金額←こちら

本日のプラチナ買取金額←こちら

 

 

18金アルハンブラ風リングの買取まとめ

 

今回の記事では18金アルハンブラ風リングの買取について解説しました。ノンブランドジュエリーにはブランドジュエリーのデザインを模したお品物が多々あります。

 

コピー品との違いは、ブランドが製造したと思わせる細工がしてあるかです。今回の18金アルハンブラ風リングを例にすると、VCAという刻印ややヴァンクリーフ&アーペルのロゴを模した刻印が打ってあったり、偽の保証書や化粧箱が付属している場合などです。

 

今回買取したお品物にはこうした細工はありませんでしたし、4つ葉のデザインは似ていますが大きさや細部は似ていませんので、あくまでデザインの系統が似ているノンブランドジュエリーという事になり、買取も問題なく行えたという事になります。

 

 

ブランドの許可を得ずに作られ密かに売られているコピー品は世界中で問題となっております。お客様ご自身がコピー品と知らずに購入する事を避けるためには、ブランド直営店や正規販売店で購入する、ネット販売もブランド公式サイトから購入するなどすればリスクを回避する事ができます。

 

ブランド品を中古で購入する際は、信頼のおける販売店で購入後の保証がしっかりしているお店から購入される事をお勧めいたします。

 

通常のノンブランドジュエリーであれば金やプラチナの買取相場に基づいて査定さえていただきますので、お気軽にご来店下さい。

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

VCAアルハンブラの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事