失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

3カラットオーバーのダイヤモンド付きの指輪を高価買取

ダイヤモンド 3ct 買取須賀質店五反田本店で、3カラットオーバーのダイヤモンドの付いた指輪を高価買取いたしました。

 

なんと、900,000円という高額な買取金額となっています。

 

【目次】

①カラットとは何でしょうか

②3カラットオーバーのダイヤモンドの付いた指輪の買取を解説

③ダイヤモンド、4Cについて詳しい解説

④3カラットオーバーのダイヤモンドの買取を通してのまとめ

 

 

カラットとは何でしょうか

 

カラットという単位が、ダイヤモンドの何を表しているのかご存じですか?

 

宝飾品にあまり興味の無い友人に聞いてみたところ、「輝きを表す何かだと思っていた。」と言われました。宝飾品が好き、という方でないとあまり知らない事なのかもしれません。

 

カラットとは重さの単位で、1カラットが0.2gです。ダイヤモンドを含め、宝石と呼ばれる鉱物の多くは、このカラットという単位を使って売り買いされています。

 

使っている単位は重さを示すものですが、基本的にはカラットは大きさを表していると考えて頂いた方が分かりやすいと思います。

 

実際に、1カラットと2カラット比べた時に、2カラットの方が大きいとは言いますが、重いとはあまり言いません。

 

カラットというのは、ダイヤモンドの値段を決めるのに重要な、大きさの事です。

 

3カラットオーバーのダイヤモンドの付いた指輪の買取を解説

 

ここからは改めて、買取いたしました3カラットオーバーのダイヤモンドの付いた指輪の詳しい解説をしていきます。

 

 

婚約指輪 高価買取今回お持ちいただいた指輪は、画像を見て頂いて分かるように、婚約指輪に使われるようなデザインです。婚約指輪は中石にダイヤモンドを使うのが一般的ですが、その大きさは0.3カラット程のものが一番選ばれているそうです。

 

0.3カラットと3カラットでは、単純に考えて10倍も大きさが違うという事になります。これだけでも、3カラットのダイヤモンドというのがかなり大きな物であるとお分かり頂けると思います。

 

さらに言うと、1カラットあれば十分に大きなダイヤモンドであると言える範囲だと思いますが、3カラットもあれば、それ程の大きさのダイヤモンドはあまり見かけない位に大きなものだと思います。

 

であるからこそ、今回のような高額な買取金額となっています。

 

ただし、ダイヤモンドは大きいだけではダメです。もちろん大きさも重要なのですが、より高価査定となるには、綺麗さも必要です。

 

ダイヤモンドの綺麗さを決めるのは4Cと呼ばれる基準で、これは国際的なダイヤモンドの価値基準となっています。

 

4Cの内の一つはカラットの事であるため、綺麗さそのものを表しているのは、正確には他の3つのCになります。

 

カラー、クラリティー、カットこの3つがダイヤモンドの綺麗さ示す基準となります。

 

カラーはそのまま、色の基準です。ピンクや青といった特殊なカラーダイヤモンドを除き、一般的なダイヤモンドの場合は無色透明である程、質が良いとされています。

 

クラリティーは、亀裂や気泡、不純物といった内包物がどれだけあるのかという事です。当然、内包物が少ない方が質の良い物になります。

 

カットに関しては、唯一人間の手による加工の良し悪しです。ダイヤモンドを最も美しく見せるのは科学的、光学的にラウンドブリリアントカットであると言われています。どれだけ均整の取れたラウンドブリリアントカットであるかというのが、カットという基準です。

 

では、今回の買取の3カラットオーバーのダイヤモンドと4Cを照らし合わせてみましょう。照らし合わせると言っても、実は買取査定を行っている時点では、カラット以外の正確な情報は判明していません。

 

カラットは指輪のような製品の場合、内側に数値が刻印されている物が多いのですが、それ以外の4Cは査定員が自分の目で見極めています。後日専門の鑑定機関で確認した結果が以下のスペックです。

 

ダイヤモンド ソーティング 買取カラットは正確には、3.034カラットでした。

 

カラーはI、これは上から6番目で、一番上のDからE、Fと黄色味がかっていく程下がっていきます。Iはギリギリ無色の範囲ですが、少し黄色味がかって見えるかもといったところです。

 

クラリティーはSI-2、10倍の拡大をすると内包物がハッキリと確認出来るというグレードです。

 

カットはGoodでした。これはそのままの意味で、良好であるという事になります。

 

これらを総合して、中古品市場でのダイヤモンド相場と照らし合わせた結果、ダイヤモンドのみで買取金額を850,000円としました。

 

お持ちいただいたのはダイヤモンドのみでは無く、指輪という製品です。こういったノンブランドのジュエリーは製品としてのお値段を付けるのは難しいのですが、枠の部分は貴金属、今回で言うとPt900の11.0gにお値段を付けるのは、当然出来ます。

 

枠のプラチナに関しては、ダイヤモンドの買取とは違い、単純な計算で買取金額を出す事が出来ます。指輪の買取実施日である1月25日のPt900の買取金額は1gで3,330円でした。

 

インゴッド 3760円
Pt1000 3650円
Pt950 3460円
Pt900 3330円
Pt850 3140円

※2021年1月25日のプラチナ買取単価一覧

 

プラチナの買取相場←はこちら

 

3,330円×11gで36,000円程となります。

 

ダイヤモンドの850,000円と合わせて886,000円となりましたが、ここは3カラットのダイヤモンドという珍しい商品の買取であったという事で、キリ良く900,000円まで上げて買取をしています。

 

ダイヤモンド、4Cについて詳しい解説

 

宝石の価値は、大きさ、綺麗さ、希少性等によって決まりますが、明確な基準があるのはダイヤモンドの4Cだけです。

 

それ以外の宝石にも綺麗さによって金額差はありますし、ある程度相場もしっかりあるのですが、それは数値で表されるものではありません。

 

4Cとは、アメリカの宝石鑑定機関であるGIA(米国宝石学会)が提唱したダイヤモンドの価値を決める基準で、これが世界のダイヤモンドの価値基準として定着しました。

 

カラット(Carat)

大きさを示すもので、大きな物程基本的に希少性が高く高値が付きやすくなります。○○ctと表記します。

ダイヤモンド 買取 大きさ           ※3カラットのダイヤモンドで直径が1cm程になります。

 

カラー(Color)

 

無職透明な物ほど綺麗であるとされていて、黄色味、茶色味を帯びて行く程グレードが下がっていきます。基準となるマスターストーンと比べる事で評価します。

クラリティー(Clarity)

 

自然界で生成されるダイヤモンドには、当然亀裂や不純物が混じっている事が多く、宝石としてはそういった内包物が無い方が高値が付きます。10倍に拡大した時に、どの程度の内包物が見えるのかを、人間の目で見てグレードを決定します。

ダイヤモンド 買取 10倍ルーペ

※こちらが買取査定時にも使用されている10倍ルーペです。こういった物を使って専門の鑑定機関でもクラリティーを判断しています。

 

カット(Cut)

 

ラウンドブリリアントカットである場合にのみ出すグレードです。ポリッシュ(研磨状態)、シンメトリー(対称性)それぞれの評価と、その総合判断で決定されます。

3カラットオーバーのダイヤモンドの買取を通してのまとめ

 

今回のご紹介は3カラットオーバーのダイヤモンドの指輪でした。かなり大きなダイヤモンドであったため買取をする際には、4Cを見極める自信が無いと、なかなか高値を付けるのが難しい商品です。

 

ですが須賀質店であれば、ダイヤモンドの買取査定に慣れた査定員がおりますので、安心してこういったダイヤモンドの買取をお任せください。

 

「ダイヤモンドを売りたいと思っているけれどもどこに行けば良いか分からない。」そう思っている方がいらっしゃいましたら、是非須賀質店へご来店ください。

 

創業大正9年、100年続く老舗の須賀質店は、現在では五反田の本店、池袋、渋谷の営業所、3店舗で営業をしております。どの店舗にいらして頂いても、確かな目を持った査定員が対応いたします。

 

小さなダイヤモンドの買取事例←はこちら

メレダイヤの買取事例←はこちら

1ctのダイヤモンドの買取事例←はこちら

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。